ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2019.2.27

トライバルメディアハウス、Instagramアカウントの設定・アドバイジングサービス「IntroStart」の提供を開始

「ソーシャルエコノミーでワクワクした未来をつくる」をミッションに掲げるトライバルメディアハウス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:池田紀行、以下「トライバル」)は、このたびソーシャルメディア特化型サービスシリーズ「Social Transformation Series」の第四弾として、Instagram(インスタグラム)アカウントの設定・アドバイジングを行う「IntroStart(イントロスタート)」のサービス提供を開始いたしました。

サービス提供の背景
SNSの普及により企業とユーザーのコミュニケーションの場がSNSに移っているなかで、企業アカウントの運用担当者からは以下のような相談を多くいただいています。

  • 企業内でアカウント開設や運用ハードルが低く捉えられてしまうため、開設したはいいけれど、各機能をどのように活用して運用すればいいか分からない。
  • プロフィールなどの設定において自由度が高く企業の世界観を表現しやすいというメリットがある一方で、何を書けばいいかわからない。最低限の内容だけ書いている。

トライバルでは、企業のSNS運用を数多く支援してきた知見とコンサルティング力を武器に、アカウント運用の根幹ともいえる基本情報の設定と運用アドバイジングを通してInstagramにおけるブランドづくりをお手伝いいたします。

サービス内容
本サービスでは、以下の5項目を支援します。

【1】ビジネスプロフィール設定
インサイトや広告機能を利用できる「ビジネスプロフィール」への切り替え設定(Facebookページとの連携)。

【2】プロフィール詳細設定
企業の顔であると同時に、検索にも関わる重要なアカウントプロフィールの「ユーザーネーム」や「名前」、よりユーザーに届きやすい「プロフィール文章」の作成など①~⑦を設定・アドバイジング。
※プロフィール写真の撮影は行いません。

【3】機能別活用設計
通常投稿、ストーリーズ、IGTVそれぞれの特徴とユーザー動線を踏まえて、そのブランドに合った機能別活用法を提案。

【4】通常投稿の定型フォーマット作成
ブランドの世界観が伝わりやすい、かつ読みやすい投稿フォーマットを作成・提供。

【5】投稿ハッシュタグの提案
ブランドのジャンルから考えられるハッシュタグを複数提案。
※より正確なハッシュタグを検討したい場合は、トライバルのハッシュタグ把握・分析サービス「#Finder」を使用した調査レポートを用いて設計することもできます(別途料金)。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加