ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2019.3.5

サイバーエージェントグループのCA ABEJA、ディープラーニングを活用した広告クリエイティブ画像の効果予測モデルを開発

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)と株式会社ABEJA(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡田陽介)の合弁会社である株式会社CA ABEJA(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:内藤貴仁)は、ABEJAが提供するAIプラットフォーム「ABEJA Platform」上で、広告クリエイティブの効果予測を可能とするAIモデルを開発いたしました。本サービスは、SaaS(Software as a Service)として、サイバーエージェントより提供いたします。

CA ABEJAは、新世代の広告クリエイティブ制作の研究・開発を強化と最適かつ大量の高品質な広告クリエイティブ制作を目的として、サイバーエージェントとABEJAが共同出資を行い2018年4月に設立された合弁会社です。「ABEJA Platform」を活用したサービス展開をするABEJAの事業戦略パートナーでもあり、広告・メディア業界を中心に展開するAIのSaaSを提供しております。

この度提供を開始したのは、「ABEJA Platform」上で広告配信前にクリエイティブの効果を予測することが可能となるAIモデルです。これにより、多数のクリエイティブを一度配信して結果を確認するA/Bテストのプロセスを省力化し、広告効果の高いクリエイティブを配信開始時から選択することができるようになりました。また、各々の広告主が広告クリエイティブ画像データに紐づく表示回数・クリック数・コンバージョン数等の過去の広告配信データを保有している場合は、それらのデータを用いて再学習し、広告主ごとに個別最適化したモデルを生成、広告主の配信システムと連携することも可能です。

なお本SaaSは、サイバーエージェントより販売・提供するとともに、商品データを一元管理し各広告配信先の仕様にあわせて最適化したデータフィードの生成が可能な「CA Data Feed Manager」(提供:サイバーエージェント)と連携しております。

これからもCA ABEJAでは、両社の強みを活かすことで、新世代の広告クリエイティブ制作および広告の最適化を実現するための機能を強化してまいります。

■ 広告クリエイティブの効果予測モデル利用イメージ
CA ABEJA


  • このエントリーをはてなブックマークに追加