ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2013.9.3

マイクロアド、中華圏の統括拠点として香港の現地法人MicroAd China Holdingsの本格稼働を開始

株式会社マイクロアド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渡辺健太郎 以下マイクロアド)は、中華人民共和国香港特別行政区(以下 香港)における現地法人 MicroAd China Holdings, Ltd.(以下MicroAd China Holdings)にて、中華圏の統括拠点としての活動を開始いたします。

マイクロアドでは、中国、インドネシア、ベトナム、インドさらにシンガポールに拠点を開設し、中華圏においては上海、北京そして台湾にて営業活動を行ってまいりました。
昨今、中華圏全域で広告展開する広告主や代理店による問い合わせ・発注が増加しており、マイクロアドが提供するディスプレイ広告の統合管理プラットフォーム「MicroAd BLADE」は、2012年8月より中華圏での営業を開始し、現在中華圏における開設アカウント数は約250社にものぼります。

このたび、MicroAd China Holdings をマイクロアドの中華圏における統括拠点と位置付け、今後も広告主のニーズに応じて機能拡張を進め、2014年度内に中華圏全体で1,000社の導入を目標として、アジアNO.1アドプラットフォーム企業を目指してまいります。

■マイクロアドが中華圏に展開する拠点
上海、北京、香港、瀋陽、台湾

【MicroAd China Holdings, Ltd.会社概要】
商号      MicroAd China Holdings, Ltd.
所在地     Unit 1001 Fourseas Building, 208-212 Nathan Road, Kowloon, Hong Kong
設立      2008年8月7日
代表取締役     田中 宏幸 (Hiroyuki Tanaka)     
取締役   渡辺 健太郎(Kentaro Watanabe)
取締役     森 勇気  (Yuki Mori)
資本金     14,300,000香港ドル(日本円換算 約1億8,000万円)
事業内容     中華圏の事業統括


  • このエントリーをはてなブックマークに追加