このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2019.7.2

Shirofune、Google動的検索広告(DSA)の新規設定機能を追加

shirofine
リスティング広告・ディスプレイ広告の自動運用ツール「Shirofune」は、広告作成に関する新機能として、これまでは入札・レポーティングのみに対応していたGoogle動的検索広告(DSA)の、新規設定機能を追加しました。


Googleの媒体ツールを開かず、Shirofuneから簡単操作で新規設定が可能に
これまではShirofuneのユーザーも、DSAの新規設定はGoogle広告の媒体ツールで行う必要がありました。今回の機能追加により、新規設定から入札・レポーティングまで、全ての設定・管理がShirofuneだけできるようになり、ツールの利便性や広告管理の効率性が向上しました。

また設定方法も、改善カードからのクリックだけで完了するため、設定方法の知見も必要なく数分で設定できるので、運用経験に関わらずDSAを気軽に活用することが可能です。

Shirofuneの自動最適化機能でDSAの広告効果をさらに向上
ShirofuneからDSAを設定することで、キーワード指定による検索広告を補完する形で、より幅広いキーワードからクリックやコンバージョン獲得の可能を目指します。また”サイト内の不要な語句に反応してしまう”可能性がありますが、広告成果に繋がらない語句に対してShirofuneの自動最適化機能により、その不要な語句が反応しないよう除外設定を行なっていくことで、さらに広告成果を高めていきます。

参考:動的検索広告とは
動的検索広告は、指定したURL(ランディングページ)に含まれているページに関連するキーワードが検索された場合に、自動で広告を配信することができる検索広告です。キーワードを指定する検索広告を補完する形で、より幅広いキーワードからのクリック、コンバージョン獲得が期待できます。この機能性から、ECショップ運営や不動産など、多種多様な商品・サービスを持っている広告主や、SEO対策がされているWebサイトを持つ広告主には、より適した広告とされています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加