このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2019.9.26

D2C Rの「ART DMP」、インティメート・マージャーのクロスデバイスマッチング技術と連携

D2C Rが提供する広告効果測定ツール「ART DMP」が インティメート・マージャーのクロスデバイスマッチング技術と連携

株式会社D2C R(本社:東京都中央区、代表取締役社長:岡 勇基、以下D2C R)は、スマートフォン向け広告効果測定データ基盤「ART DMP(アート ディエムピー)」(※1)において、データマーケティングカンパニーの株式会社インティメート・マージャー(本社:東京都港区、代表取締役社長:簗島 亮次、以下IM)が提供するクロスデバイスマッチング技術と連携したリターゲティング広告配信を9月より開始いたしました。

 昨今、スマートデバイスの普及に伴い、多くのユーザが複数デバイス(スマートフォン、タブレット、PCなどの端末)を所有しシーンによって使い分けているため、デバイスにかかわらず、アプリ・ブラウザのどちらにも対応したプラットフォームを展開するサービスが一般的になっています。
一方で従来の広告では、複数のデバイスを横断して1つのサービスを利用している場合も異なるユーザと判定するため、すでにインストールしたアプリの広告が別のデバイスで表示されることがありました。

 今回の連携により、CookieやIDFA/GAID(※2)をそれぞれ変換し同一ユーザを識別することで、複数デバイスを使い分けるユーザに適したリターゲティング広告の配信を実現できます。
例えば、Webサイトに訪れたユーザのCookieをIDFA/GAID(※2)に変換し、ART DMPに蓄積したアプリインストールユーザのデータと照合することで、“Webサイトに訪れたがアプリを利用していないユーザ”に限定した広告配信が可能です。
また、広告主企業の課題となっている技術導入にかかる機能開発、リソースの確保など導入障壁が低いのも特徴です。

*アプリリリース前にART DMPの導入をいただくことが前提となります
*クロスデバイスマッチング技術は100%の精度を保証するものではありません

 現在はゲームアプリにおいてクロスデバイスマッチング技術と連携したリターゲティング配信を開始しております。

 これまでD2C Rがリテンション広告配信において培ったアプリにおける既存ユーザの動向分析等のノウハウを活用し、広告効果の向上に努めるとともに企業のデジタルマーケティングを支援してまいります。

ART DMP

※1:DMP(Data Management Platform)とは、WEB上のあらゆる大量のデータを蓄積・分析し、広告配信等での利用・活用を可能にするデータ基盤のこと
※2:IDFAとは、スマートフォンやタブレット端末のアプリで利用される広告用の端末識別ID。AppleのiOSは「Advertising Identifier(IDFA)」、GoogleのAndroidOSは「Google Advertising Identifier(AAID)」を提供している


  • このエントリーをはてなブックマークに追加