このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2019.9.30

GMO TECH、アグリゲート型求人広告の効果データを自動で統合しレポート化するBIツール「GMO jobbi」提供開始

gmo jobbi

 GMOインターネットグループでインターネット上の集客サービスを展開するGMO TECH株式会社(代表取締役社長CEO:鈴木 明人 以下、GMO TECH)は、主要アグリゲート型求人広告サービス(※1)の効果データを自動で統合、レポート化するRPA技術を活用した統合BIツール(※2)「GMO jobbi(ジョビー)」(URL:https://hrad-dash.com/)を本日9月30日(月)より提供開始いたします。

 「GMO jobbi」は、「アグリゲート型求人メディア広告運用サービス」をご利用の広告主様向けのサービスで、主要なアグリゲート型求人広告サービス「Indeed(インディード)」「スタンバイ」「求人BOX」に対応しています。各アグリゲート型求人広告サービスの管理画面に公開されている広告効果のデータを統合し、いつでもレポートとして閲覧することができます。

(※1)インターネット上の様々な媒体に掲載されている求人情報が集約された、求人特化型の検索エンジン。
(※2)BIツールとはビジネス・インテリジェンスツールの略で、企業が持つ膨大なデータを統合して分析し、経営判断に活かすツール。

「GMO jobbi」提供開始の背景

 アグリゲート型求人広告サービスに求人情報を掲載する広告主様は、サービス側が公開しているアクセス解析のサマリーデータから、出稿している広告の効果測定を行うことができます。しかし、複数のアグリゲート型求人広告サービスを利用する場合、各サービスの広告効果を比較する際には複数のデータを一つひとつ開いて確認する必要があり、広告主様の負担となっていました。
 一方GMO TECHは、広告主様の負担を軽減するべく、「アグリゲート型求人メディア広告運用サービス」において、主要なアグリゲート型求人広告サービス「Indeed」「スタンバイ」「求人BOX」の管理画面で公開されているデータを統合してレポート化し、月に一度広告主様にお届けしています。こうした中、広告主様からは「月に一度ではなく、もっと頻繁に自社の広告効果を確認したい」というお声も多くいただいていました。
 そこでGMO TECHは、RPA技術を活用することにより、各サービスで公開されている全てのデータを自動で統合し、広告主様の閲覧したいタイミングでレポート化する統合BIツール「GMO jobbi」を提供開始することといたしました。

「GMO jobbi」について

 「GMO jobbi」は、「Indeed」「スタンバイ」「求人BOX」の管理画面から得られる全てのデータを自動で一元化しレポートを作成する、RPA技術を活用した統合BIツールです。アグリゲート型求人広告サービスごとに公開されているクリック単価や平均CPA(※3)値などの広告効果をひとつのページでリアルタイムにレポート化するので、最新のレポートをいつでも閲覧することができます。
 まずは、ご要望いただいた既存のお客様からシステム連携を実施し、順次切替導入を進めてまいります。

(※3)「CPA(Cost Per Action)」とは、成果獲得にかかる1件あたりの広告コストのこと。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加