このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.1.7

wevnal、元ZOZO執行役員の田端信太郎氏をマーケティング戦略顧問に

田端氏

マーケティング支援型チャットボット「BOTCHAN(ボッチャン)」の開発や、SNSマーケティングの支援などを行う株式会社wevnal(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:磯山 博文)は、マーケティング戦略顧問として、元ZOZO執行役員の田端信太郎氏が就任したことを、お知らせいたします。

田端氏は2012年から、NHN Japan(現LINE)執行役員に就任し、広告事業部門を統括。2014年には、上級執行役員法人ビジネス担当へ就任しました。2018年3月からは、株式会社スタートトゥデイ(現ZOZO)コミュニケーションデザイン室の室長を務め、2019年12月に退職。そしてこの度、2020年1月より、wevnalのマーケティング戦略顧問に就任したことを、お知らせいたします。

就任の背景

wevnalはSNSに特化したデジタルマーケティングを中心に、事業を展開するベンチャー企業です。マーケティング支援型のチャットボット「BOTCHAN」や、LINEで80万回以上も実施され、日本のTwitterトレンド2位にもランクインした「オタク女子診断」などの人気コンテンツを提供する、女性向けメディア「fasme(ファスミー)」といったサービスの開発・運営をしています。

BOTCHAN:https://botchan.chat/
fasme:https://fasme.asia/

今回参画いただく田端氏は、リクルート、ライブドア、LINE、ZOZOといった企業で活躍されてきました。また有料オンラインサロン「田端大学」の塾長も務め、世間からの注目を集めています。田端氏にはマーケティング戦略顧問として、今までの経験を生かし事業やサービスのマーケティング、ブランディングについてアドバイスをいただきながら、wevnalの企業成長をサポートしていただきます。

田端氏からのコメント

wevnalの展開するデジタルマーケティング事業や、BOTCHANのようなチャットボット事業は、私が長い間ビジネスとして経験してきた領域であると自負しています。wevnalのような若くハングリーな会社の勢いを、自分の長年の経験を活かしてサポートできることを、とても嬉しく思っています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加