このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.2.18

Gunosyのアプリ向け動画プラットフォーム「Vingo Ads」、SSP「fluct」と連携開始

Vingo

株式会社Gunosy(本社:東京都港区、代表取締役CEO:竹谷祐哉、以下 Gunosy)は、Gunosyが提供するアプリ向け動画プラットフォーム「Vingo Ads」にて、株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、広告配信プラットフォーム事業を展開する株式会社fluct(本社:東京都渋谷区、代表取締役: 望月 貴晃、以下 fluct)が運営するSSP「fluct」の動画リワード広告と国内初のRTB接続を開始いたしました。

「Vingo Ads」は、成果報酬(CPI)課金型のアプリ広告主様向けの動画アドネットワークです。

Gunosyが提供する「Gunosy Ads」「Gunosy Network Ads」で培った広告技術を元に、アプリインストールユーザー(以下 ユーザー)の拡大につながる商品となります。成果課金型のため、アプリ広告主様はリスクなくご出稿することが可能です。

fluctが運営するSSP「fluct」と連携することで、17,000以上のメディアやアプリが配信先と追加され、より多くのユーザーへのリーチが可能となりました。また、動画配信アプリの広告モデルによるマネタイズに特化した「fluct instream video for app」の提供をするなど、音声コンテンツと動画コンテンツにおいても、プログラマティック広告における収益化支援が可能です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加