このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.3.4

Business Insider Japan、エッグフォワードと次世代ビジネスリーダー向けキャリアサービスを開始

Business Insider Japan

株式会社メディアジーン(本社:東京都渋谷区/代表取締役CEO:今田素子、以下メディアジーン)は、経営・組織コンサルティング及びHR-Tech/プラットフォーム事業を手掛けるエッグフォワード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:徳谷 智史、以下エッグフォワード)と次世代ビジネスリーダー向けキャリアサービスを開始いたします。

エッグフォワードが運営する意思決定プラットフォームサービス「TURNINGPOINT」はメディアジーンが運営する経済メディア「Business Insider Japan(以下、BI)」と、次世代ビジネスリーダー向けキャリアサービスを開始いたします。

取り組みの背景

働き方が多様化し個人と企業の関係が変わる今、企業の存在意義を問うPurposeという概念が広がってきています。また個人においても、将来が不透明だからこそ、働く一人ひとりの中に「自分は何のために働くのか」という指標がより求められるようになっています。

次の時代を担うミレニアル世代は、人との繋がりを重視しつつも、個人としての価値を高めたいという特徴があります。ミレニアル世代を読者として多く抱えるBIと、「社名より自分の名前で勝負する人を増やす」というコンセプトを持つTURNINGPOINTにて、自分の足で歩いていくビジネスパーソンを一人でも多く輩出していくことを目指します。

Appendix

「TURNINGPOINT」について
「TURNINGPOINT」は2018年12月、個人の可能性を最大化する事を目的として、意思決定・機会提供支援を目的として立ち上がりました。プロフェッショナルファーム、大手企業からベンチャーまで数百社に至るまで、2万人を超えるビジネスパーソンの意思決定・成長を支援してきたエッグフォワードが、プロコーチによる有料のキャリアセッションや転職後活躍支援サービスまで一気通貫で提供する事を特徴とし、既に数千名の支援をしております。

「Business Insider Japan」について

アメリカ発のニュースメディア、Business Insiderの日本版として2017年1月にローンチ。ミレニアル世代のビジネスリーダーに向けて、ビジネス、テクノロジー、キャリア・教育、政治・経済分野などのニュースを届ける。ビジネスメディアとしては読者の年齢層が比較的若く(18-39歳で全体の約70%)、また女性読者が比較的多い(約35%)ことが特徴。現在、日本をはじめ世界で17 Editionを展開中。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加