このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.3.10

PubMatic、動画広告における収益化戦略に関する市場調査レポートを公開 ーヘッダー入札へ強い関心ー

pubmatic

PubMaticは、2019年9月にForrester Consultingに、グローバル市場での動画広告の収益化傾向を評価するよう委託しました。動画広告について調査するため、Forresterは米国、ヨーロッパ、アジア太平洋地域のパブリッシャーおよびメディア企業におけるディレクター以上の営業、オペレーション、IT分野における622名のプロフェッショナルに対してオンライン調査を行いました。

その結果、クロスプラットフォームパートナーを採用しながらさまざまな動画収益化戦略(プログラマティックプレースメントやヘッダー入札など)を理解し習得することが、パブリッシャーの主要商品の価値認識が無駄になるか最適となるかの違いをもたらすことがわかりました。

主な調査結果

パブリッシャーは動画の収益化にプログラマティック広告およびヘッダー入札を採用している
パブリッシャーは、プログラマティック動画広告とヘッダー入札の両者が増加すると予想しており、広告収入の最大化(61.3%)、フィルレートの増加(57.7%)、需要の最適化の改善(53.6%)に努めています。モバイル動画広告がデスクトップ動画を超える速度で成長している一方で、実装がモバイルにおいては難しいことから、パブリッシャーはヘッダー入札などの主要なプログラマティック戦略の実装で遅れをとっています。

技術的ギャップの中ではクロスプラットフォームの動画パートナーがサポートを提供できる
64.2%が技術ツールの不足で全商品の最適化に苦労している一方で、パブリッシャーはチャネル全体での動画ヘッダー入札における計画的成長も報告しています。フォーマットやチャネル全体での実装の増加は、オムニチャネルのプログラマティック専門知識を有するパートナー、特にモバイルで直面する難しい実装の専門知識を有するパートナーに対するニーズの高さを示しています。

パブリッシャーは今後、動画から利益を得るために視聴者ベースのソリューションに期待している
パブリッシャーは、一次データおよび二次データの収益化(58.8%)、アイデンティティソリューションや機能の提供(55.0%)、プラットフォームやフォーマット全体における新しいデマンドソースの提供(44.9%)が可能なパートナーに期待しています。

全文はこちらから

PubMatic_JP_TLP_Final

PubMatic(パブマティック)について

PubMaticは、プレミアムコンテンツクリエーター向けのデジタル広告テクノロジー企業です。PubMaticのプラットフォームは、独立系アプリ開発者とパブリッシャーがデジタル広告におけるビジネスをコントロールおよび最大化できるよう支援します。PubMaticのパブリッシャーセントリックのアプローチにより、広告主は広 告フォーマットやデバイスを問わず、ブランド保護されたプレミアムな環境でターゲットオーディエンスにリーチしてエンゲージすることにより、ROIを最大化できます。2006年以来、PubMaticは効率的なグローバルインフラストラクチャを構築
し、プログラマティック広告の革新を牽引してきました。PubMaticは米カリフォルニア州レッドウッドシティに本社を拠点に、世界に13か所のオフィスと6か所のデータセンターを構えています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加