このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.3.19

​Adjust、アドフラウド防止連合の統括責任者にヴィル・ミッコラ氏を任命

ヴィル・ミッコラ
グローバルに展開するB2B SaaS企業であるadjust(アジャスト)株式会社(本社:独・ベルリン、代表取締役社長 兼 共同創業者:クリスチャン・ヘンシェル、https://www.adjust.com/ja/)は、本日、ヴィル・ミッコラ (Ville Mikkola)をアドフラウド防止連合 (CAAF)(https://www.adjust.com/ja/product/the-coalition-against-ad-fraud/)の統括責任者に任命したことを発表しました。Adjustが設立したCAAFの活動を通してアドフラウドの撲滅を目指し、モバイル業界全体を率いる存在としてのミッコラの活躍が期待されています。

2019年、アドフラウドは420億ドル(https://www.juniperresearch.com/press/press-releases/advertising-fraud-losses-to-reach-42-bn-2019)もの広告費用損失を発生させたと推定されており、モバイル業界にとって大きな脅威となっています。Adjustが2017年に設立したCAAFは、業界内の教育を推進することで、不正と積極的に戦うモバイル業界関係者の連合です。CAAFは意見よりも事実に重点を置き、さらにメンバーが遵守するガイドラインを定義しています。例えば、IABの測定ガイドラインに基づくこと、レイテンシガイドラインに遵守すること、責任をもって問題解決に取り組むことなどが含まれます。

Adjust 共同創設者兼CTO ポール・H・ミュラー
「モバイルの広告費用がかつてないペースで増大している今、広告主とネットワークはもはやパフォーマンスアドフラウドの問題を無視することはできません。信頼できるパートナーで構成されたCAAFメンバーは、正確で実践可能な、不正の無いデータをクライアントに提供するという重要な役割を果たしています。今回ミッコラがCAAFの統括責任者として加わったことで、我々のミッションがさらに前進することを期待しています」

現在CAAFには、Dynalyst、nend、アイモバイル、Zucks、ironSource、Liftoff、Tapjoy、Vungle、Jampp、AdColony、Fyber等、業界をリードするアドネットワークを含む30のメンバーが加入しています。

ミッコラはAdjustのベルリン本社へ配属され、CAAFの戦略とグローバル展開を担当します。同氏はアドフラウド防止の分野での経験が長く、アドテック企業での勤務を経て自らの事業を立ち上げました。Adjustに加わる前は、アドテック企業のGlispaでネットワークオペレーションディレクターを務め、モバイル広告ネットワークのYeahMobiでヨーロッパマネージングディレクターを担当しました。さらに直近では、NBCUniversalと協働し後にHuuuge Gamesに買収されたカジュアルゲーム会社TreasureHuntを共同設立しました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加