• 2020/09/03

アドフラウド対策ツール「Spider AF」、「Yahoo!広告 ディスプレイ広告」にサービスを提供開始

株式会社Spider Labsは、国内最大級のアドフラウド対策ツール「Spider AF(スパイダーエーエフ)」をヤフー株式会社の広告配信サービス「Yahoo!広告 ディスプレイ広告」に提供を開始しました。


  • 2020/08/18

IAS、YouTube広告のブランドセーフティとパフォーマンス最適化のための新ソリューション「Channel Science」をリリース

  IASは、Channel Factory との業務提携により、新ソリューション「Channel Science」の提供を開始すると発表しました。Channel Science は、IAS と Channel Factory が保有するYouTube 広告のブランドセーフティ対策とパフォーマンス最適化技術をまとめて一つのソリューションとしてご利用いただける新サービスです。


  • 2020/08/13

Momentum、TMI総合法律事務所子会社とブランドセーフティ領域で協業

アドベリフィケーションソリューションカンパニーのMomentum株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:高頭博志、以下 「モメンタム」)とTMI総合法律事務所が設立したTMIプライバシー&セキュリティコンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:大井哲也、以下 「TMI P&S」)は、ブランドセーフティ領域における協業を開始いたします。



  • 2020/07/21

広告代理店の「アドベリフィケーション」の認知度は2割以下【モメンタム調査】

Momentum 株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役社長:高頭博志、以下、モメンタム)は、この度、デジタル広告を扱う広告代理店(以下、エージェンシー)を対象としたアドベリフィケーションに関する意識調査を発表します。モメンタムでは同様の調査を、広告主(以下、アドバタイザー)を対象に行っており、2018年、2020年に調査結果を発表しました。モメンタムが実施するエージェンシーに対するアドベリフィケーションの意識調査は、今回が初めてとなります。


  • 2020/06/11

Phybbitの「SpiderAF」、リアルタイム不正検知システムを開発しGMOメディアのASP「アフィタウン」に提供開始

株式会社Phybbit(東京都港区、代表取締役社長:大月 聡子、フィビット 以下Phybbit)はAI搭載アドフラウド対策ツール「SpiderAF 」(スパイダーエーエフ)において、成果報酬が発生する前に未然に不正を防ぐことが可能なリアルタイム不正検知システムを開発し、GMOメディア株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:森 輝幸 以下、GMOメディア)のASP「affitown byGMO(以下、アフィタウン)」に対して提供を開始いたしました。


  • 2020/05/22

ギャプライズ、アドフラウド検出のCHEQと本格的な販売を開始

ギャプライズ(本社:東京都新宿区、代表取締役 CEO:甲斐 亮之、以下「当社」)は、アドフラウド検出・防止テクノロジープロバイダーであるCHEQ AI Technologies Ltd. (本社:イスラエル、創業者:Guy Tytunovich、以下 「CHEQ」)と、日本でのパートナー契約を2020年4月26日に締結し本格的な販売を開始しました。


  • 2020/04/08

IAS、「メディアクオリティ レポート 2019年下半期版」を発表 〜日本はアドフラウド・ビューアビリティで課題〜

インターネット広告の品質検証と効率化のためのアドベリフィケーション・ソリューションを提供するIntegral Ad Science(本社:米国ニューヨーク、CEO:リサ・アッツシュナイダー / 日本オフィス:東京都千代田区、マネージングダイレクター:藤中太郎、以下 IAS)は、2020年4月1日、世界主要10か国のビューアビリティ、アドフラウド、ブランドセーフティ、のベンチマークを含む最新の調査レポート「メディアクオリティレポート2019年下半期版」を発表しました。


  • 2020/03/31

広告主のアドベリフィケーション関連のキーワードの認知が50%を超える 〜モメンタムの定期調査より〜

アドベリフィケーションサービスを提供するMomentumは、およそ400名の広告主を対象にアドベリフィケーションに関する意識調査を2年ぶりに行い、調査内容を発表しました。



  • 2020/03/20

CHEQ、日本における2020年のOTTのアドフラウド被害は3.23億ドル(347億円)と予想

サイバーセキュリティ企業のCHEQが行った調査によると、日本でテレビ広告に代わり存在感を増しつつあるインターネットのOTT広告において、不正トラフィックを生み出すボットネットワークなどをはじめとするアドフラウドによる被害額が、2020年には約347億円(※)に達することが予想されると明らかになりました。


  • 2020/03/19

​Adjust、アドフラウド防止連合の統括責任者にヴィル・ミッコラ氏を任命

グローバルに展開するB2B SaaS企業であるadjust(アジャスト)株式会社(本社:独・ベルリン、代表取締役社長 兼 共同創業者:クリスチャン・ヘンシェル、https://www.adjust.com/ja/)は、本日、ヴィル・ミッコラ (Ville Mikkola)をアドフラウド防止連合 (CAAF)(https://www.adjust.com/ja/product/the-coalition-against-ad-fraud/)の統括責任者に任命したことを発表しました。Adjustが設立したCAAFの活動を通してアドフラウドの撲滅を目指し、モバイル業界全体を率いる存在としてのミッコラ … Continue Reading →


  • 2020/03/10

モメンタム、国内初YouTubeへのブランドセーフティな広告配信を実現する配信リスト「HYTRA DASHBOARD Safe Video List」の提供を開始

Momentum株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 高頭 博志、以下モメンタム)は、YouTubeへのブランドセーフティな広告配信に適した配信リスト「HYTRA DASHBOARD Safe Video List」の提供を開始いたします。