このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.6.19

Supershipグループ、新たなグループアイデンティティを策定

Supership

Supershipホールディングス株式会社は、この度、Supershipグループにおけるグループアイデンティティを策定し、グループパーパスおよびグループロゴを新たに定めました。
また、6月15日(月)に開設した新オフィスへの移転や、社会環境の変化などを背景に、従業員の安全と生産性向上の両立を図る新しい働き方「Hybrid Working Style」を発表し、グループの行動指針となるグループバリューのアップデートを行いました。


Supershipホールディングスは今年で創業6年目となり、設立以来次々に新しいメンバーを迎えながら、グループ全体でビジネスを拡大し続けてきました。
また、Supershipグループの事業であるデータサイエンスやデータマーケティングを基盤としたデジタルトランスフォーメーションにおいても、国内企業での取り組みはますます活発化し、データやテクノロジーの活用は企業活動において欠かせないものになっています。

こうした背景から、今回、弊社グループにおける存在意義を改めて振り返り、強みとしているデジタル領域での技術やアセットを通じて未来における幸せや豊かさを創出していくことが社会に提供できる価値だと考え、グループパーパスとグループロゴとして表現をしました。
さらに、ダイバーシティの浸透や新型コロナウイルスの感染拡大など、社会を取り巻く環境が変化するなかで、Supershipグループでは、従業員が安全な環境で自身の生産性を高めるために自由に働き方を選択できるよう「Hybrid Working Style」を発表しました。
「Hybrid Working Style」は、働く場所や時間の選択肢を増やし、自宅での作業環境やコミュニケーションロスへの課題を解決するためのルールを定めた、リモートワークを中心とした柔軟な働き方の提案です。

また、グループパーパスの策定やワークスタイルの変化に合わせて、創業当時から従業員ひとりひとりの成長のために必要な価値観を掲げてきたグループバリューをアップデートしました。
Supershipグループ各社では、これらのグループアイデンティティをもとに、企業としてさらなる成長を図ることで、従業員、パートナー企業、顧客、ユーザーなど、あらゆるステークホルダーに向けて幸せなミライに寄与できる価値提供を行ってまいります。

「Hybrid Working Style」およびグループバリュー
「Hybrid Working Style」は、オフィスとリモートを使い分けながら、生産性が高まる方法を従業員ひとりひとりが主体的に選択していく、Supershipグループならではの働き方の提案です。
ルールの詳しい内容とグループバリューの全文については、以下資料もご参照ください。
「Hybrid Working Style」資料URL:https://www.slideshare.net/hirokimatsuoka758/supership-group-hybrid-working-style-slidesharefinal
グループバリューについて:https://supership-hd.jp/about/vision/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加