このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.8.6

Magnite、日本のカントリーマネージャーにシエン・ズゥーを任命

インターナショナルの責任者にジェームズ・ブラウン、JAPAC責任者にジュリエット・ステッドを任命

独立系オムニチャネルセルサイド広告プラットフォームを提供するMagnite(NASDAQ:MGNI、読み方:マグナイト)は本日、日本事業のカントリーマネージャーにシエン・ズゥー(Shien Zhu)を任命したことを発表しました。Magniteは、大規模なプログラマティックエクスチェンジを提供するルビコン・プロジェクトの専門知識と、Telaria(読み方:テラリア)が持つ業界最先端のコネクテッドTV(CTV)機能を統合し、パブリッシャーと数千社のバイヤーやブランドとのつながりを強化しています。Magniteのオムニチャネル広告プラットフォームは、CTV、デスクトップPC、動画、音声、モバイルなど、あらゆるオークションのタイプやフォーマットで、パブリッシャーの収益化をサポートしています。

シエン・ズゥーは昨年、日本事業担当のゼネラルマネージャーとして、ブランドの保護、業務の効率化、収益向上を実現するなど、日本のMagniteの事業を成功に導きました。シエン・ズゥーは過去には、モバイルマーケティングプラットフォームを提供するAppLovinで、ビジネスオペレーション、パブリッシャーオペレーション、グロースパートナーシップの各部門の役職に就いていました。中国、日本、アメリカでの生活および就業経験があり、中国語、日本語、英語に堪能です。

ジュリエット・ステッド(Juliette Stead)が、JAPAC(アジア太平洋・日本地域)責任者として地域事業を統率します。ジュリエット・ステッドは、メディアおよび広告テクノロジー業界で20年以上の経験を有し、JAPACの業績向上に確かな実績を持ちます。また、ジェームズ・ブラウン(James Brown)が、インターナショナルの責任者として、ロンドンを拠点にEMEA(ヨーロッパ、中東およびアフリカ地域)およびAPAC(アジア太平洋地域)を指揮します。ジェームズ・ブラウンは過去3年間、各地域を統率する強力な経営チームを編成し、大幅な成長を実現しました。

Magniteは、最先端テクノロジーを活用して傑出した顧客サービスを提供するルビコン・プロジェクトの価値観に、Telaria が持つOTT(オーバー・ザ・トップ)やCTV市場に関する深い知識が加わることにより、最高のサービス、テクノロジー、そして人材が強化されることでしょう。

シエン・ズゥー

シエン・ズゥーは、次のようにコメントしています。「CTVに関するTelariaの専門知識に、ルビコン・プロジェクトのヘッダービディングツール『Demand Manager』の実績を融合したMagniteは、業界の先駆者となります。両者のパートナーシップを強化し、共に新たなトレンドやテクノロジーを開拓していきたいと思います。」

ジュリエット・ステッドは、次のようにコメントしています。「各種デジタル広告フォーマットに関するMagniteの専門知識を集結させれば、優良なパブリッシャーから求められる優れたオムニチャネルテクノロジーパートナーになることができます。JAPACの各地域からあがってくる多様かつ特有の機会や課題に対処できる、非常に経験豊富なチームも編成されました。
Magniteは、DSPやコンテンツバイアスのない独立系テクノロジープロバイダーとして、今後もクライアントのニーズや長期的な成功に貢献していきます。Magniteは完全な透明性を重視しており、クライアントの利益のために行動している企業として、全幅の信頼を得ています。」

プログラマティック広告は、マーケティング活動を直接的にROIにつなげられるようにしました。プログラマティック広告が普及したことにより、マーケターはより革新的で明快なマーケティングソリューションを求めるようになりました。InfoCubicの調査によると、2022年までに、デジタル広告収入に占めるプログラマティック広告の割合は62%に到達します。業界誌「Digiday」は、プログラマティック広告は今年、25.4億ドルまで増加すると発表しています。

日本ではCTV、OTT、DOOH(デジタル屋外広告)などの新しいフォーマットやチャネルが急成長しています。Magniteの設立は、多様なクライアントのあらゆるニーズに応える有力なオムニチャネルパートナーとしての専門性に、新たな相乗効果をもたらします。Magniteは引き続き既存の強力なパートナーシップを拡大させ、クライアントと共に新興のトレンドやテクノロジーを開拓していきます。

2017年に独立系オープンソース組織であるPrebid.orgを共同設立し、現在は多種多様なチャネルやプラットフォームをサポートしているMagniteは、コミュニティベースの精神をさらに強化させ、デジタル広告エコシステムのすべてのパートナーのために、さらなる価値を生み出していきます。
                                       

クライアントおよびパートナーのコメント

●朝日新聞社 デジタルイノベーション本部 カスタマーエクスペリエンス部 WEBビジネス
チームDユニット リーダー 田中 朗 様
これまで、朝日新聞社とルビコン・プロジェクトはデマンドマネージャーの導入やS2SでのAMPにおける配信など、先進的な取り組みを行ってきました。ルビコン・プロジェクトが、動画領域とコネクテッドTVに強みを持つTelariaと合併することで、プロダクトの革新性が加速することを確信しています。世界最大の独立系SSPの発足と、そのパートナー企業であることを喜ばしく思います。

●神戸新聞社 デジタル創造本部長兼デジタル事業担当 取締役 大町 聡 様
毎日のように新しいサービスが生まれるプログラマティック広告の分野でリーダーシップを発揮するルビコン・プロジェクトと、コネクテッドTVのエキスパートであるTelariaの合併は、新次元のエコシステムの実現につながると期待しています。より良いユーザーエクスペリエンスを追求するパブリッシャーとして、これまで以上にMagniteとのパートナーシップを構築していきたいと考えています。

●Supership プロダクト企画部 シニアプラットフォームエキスパート 赤津 安昭 様
2019年の日本国内の動画広告市場は昨対比157.1%と急速に成長しています(電通「2019年日本の広告費」より)。ルビコン・プロジェクトとTelariaの合併は、成長を続ける国内動画広告市場のさらなる拡大に向け非常にポジティブなニュースです。国内動画広告市場のシェア拡大に注力してきたSupershipは、Magniteとのパートナーシップをより一層強化することで、国内動画広告市場のさらなる拡大に寄与できると確信しています。

●The Trade Desk 日本担当ゼネラルマネージャー 馬嶋 慶 様
Telariaおよびルビコン・プロジェクトの長年のパートナーであるThe Trade Deskは、Magniteのような独立系のグローバルなSSPが日本、およびアジア太平洋地域にもたらす商機と価値に心より期待しています。私たちの使命は、広告主が消費者に対してより良い広告体験を提供できるように支援し、インターネットをすべての人にオープンにすることです。ルビコン・プロジェクトが持つウェブやデジタルオーディオやDOOHといったオムニチャネルにおけるケイパビリティとTelariaのコネクテッドTVにおける強みが合わさることによって、The TradeDeskの事業のみならず、我々のクライアントの成功にも大きな利益をもたらすと確信しています。

●テレビ東京コミュニケーションズ コーポレートオフィサー メディア事業開発本部 本部長 堀 龍介 様
プログラマティック業界の中心で活躍されるルビコン・プロジェクトの強みと、コネクテッドTVのエキスパートであるTelariaが統合されることによって、今後展開されるトータルソリューションに大変期待しております。業界のデジタルトランスフォーメーションのネクストステップを共に歩めることを嬉しく思います。

Magniteについて

Magnite(NASDAQ:MGNI、https://www.magnite.com/ )は、プログラマティック広告に関するルビコン・プロジェクトの専門知識と、CTV分野におけるTelariaのリーダーシップを融合させた世界最大の独立系セルサイド広告プラットフォームです。パブリッシャーはMagniteのテクノロジーを使用し、デスクトップPC、モバイル、音声、CTVなど、あらゆるデバイスや形式のコンテンツを収益化しています。世界の大手代理店やブランドがMagniteのプラットフォームを信頼し、ブランドセーフティや品質の高い広告インベントリにアクセスし、毎月数十億件の広告取引を実行しています。オフィスは、太陽が照りつけるカリフォルニア州ロサンゼルス、喧噪としたニューヨーク州ニューヨーク、そして歴史あるロンドンを拠点に、北米、EMEA(ヨーロッパ、中東およびアフリカ地域)、LATAM(中南米地域)、APAC(アジア太平洋地域)の各地に構えます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加