このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.8.18

月間平均プロモーション予算は300万円以上が6割、300万円~499万円が最多【イルグルム調査】

2020年上半期のWebプロモーション予算
株式会社イルグルム(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役:岩田 進、以下「イルグルム」)は、企業のマーケティング・広報・企画/販促担当者約200名に調査を行い、その中でWebプロモーションを実施した約90名を対象に、2020年上半期のWebプロモーションに関する調査を実施しました。

調査結果概要

1.月間平均プロモーション予算は300万円以上が6割、300万円~499万円が最多
2.2019年下半期比較では増額と減額がほぼ同数、増額には新型コロナの影響色濃く
3.リスティング(指名)とSNSは増額、リスティング(一般)とディスプレイ広告は減額傾向に
4.2020年の下半期についても24%が増額予定
5.出稿強化に当たり取り組みたい施策は、「効果測定ツールの導入」が約6割で最多

 

調査結果

1.月間平均プロモーション予算は300万円以上が6割、300万円~499万円が最多
「2020年上半期(2020年1月~6月)の月間平均Webプロモーション予算」について聞いたところ、約6割が月間300万円以上という結果になりました。金額別では「300万円~499万円」が最も多く、全体の28%を占めました。続いて「1000万円以上」が21%となりました。

2.2019年下半期比較では増額と減額がほぼ同数、増額には新型コロナの影響色濃く
「2019年下半期から2020年上半期で、Web広告の出稿金額に変化はあったか」については、「増額した」と「減額した」がほぼ同数で、結果が割れる傾向となりました。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、経済活動にも大きな影響があった2020年上半期において、Webプロモーション費用を「増額した理由」について聞いたところ、「オンラインの売上が伸長」「実店舗の売上減によるオンラインシフト」という回答が上位を占め、緊急事態宣言下における巣ごもり消費の影響があったものと考察されます。また、「新型コロナウイルスによる需要増」との回答も38%を占め、新型コロナウイルス感染拡大の影響を色濃く受ける結果となりました。

3.リスティング(指名)とSNSは増額、リスティング(一般)とディスプレイ広告は減額傾向に
「2020年上半期に出稿を増やした広告は」という項目に関しては、Google広告(指名)が69%で最も多く、Google(一般)52%、Yahoo!スポンサードサーチ(指名)52%となり、社名やブランド名などの指名ワードの強化が見受けられました。リスティングの次には、TwitterをはじめとするSNS広告が続きました。
「2020年上半期に出稿を減らした広告」については、Google広告(一般)41%が最も多く、Yahoo!スポンサードリサーチ(指名)34%、Yahoo!スポンサードリサーチ(一般)34%で上位を占め、一般ワードの減額が目立ちました。

4.2020年の下半期についても24%が増額予定
2020年下半期(2020年7月~12月)のWeb広告費予想に関しては、「わからない」が35%で最も多い結果となりましたが、24%が「増額予定」と回答し、一部においてオンライン強化の流れは下半期も続くと想定されます。

5.出稿強化に当たり取り組みたい施策は、「効果測定ツールの導入」が約6割で最多
「2020年下半期、Web広告の出稿強化に当たり取り組みたい施策」に関しては、効果測定ツールの導入が58%、アトリビューション分析が50%となり、広告の出稿強化に合わせ、広告成果の分析と精度向上に関する取り組みへの関心が強く表れる結果となりました。

調査概要
調査期間:2020年7月13日(月)~20日(月)
調査方法:インターネットによるアンケート調査
調査対象:企業のマーケティング・広報・企画/販促担当者202名、今回の分析では以下を対象とした
・2020年上半期Webプロモーションを実施した92名
・2020年下半期Webプロモーションを実施予定の165名

アドエビスについて

アドエビスは、新しい時代のビジネスに欠かすことのできないマーケティング効果測定プラットフォームです。ユーザーのプライバシーに配慮したデータの取得、複雑に相関する広告データやサイト来訪者データの集約、誰もがわかるレポーティングを通じて、企業がすすむべき未来を示します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加