このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.11.12

サイバーエージェント、アプリ広告の不正を事前検知する独自のアドフラウド対策ツールを提供開始

サイバーエージェントはインターネット広告事業において、スマートフォンアプリ広告主向けに独自のアドフラウド対策ツール「CAF(CyberAgent Anti Fraudsystem 読み:キャフ)」を開発し、提供を開始しました。

スマートフォンアプリ広告市場は堅調な伸びが続く一方、広告主からはデジタル広告配信において発生し得るアドフラウド(※)へのより強固な対策が求められております。これまでのアドフラウド対策は、成果発生後のデータから不正成果を調査し、不正成果の制御・減算処理を行う事後対応が主流となっており、計測ツール上で確認できるデータは減算処理を行う前の不正成果が含まれてしまうため、レポーティングや配信計画を立てる際の課題の一つとされていました。

このような課題の解決を目的に提供を開始した「CAF」は、広告クリック時点で不正と思われるアクセスの検知・制御を行うことで、不正成果の発生を未然に防ぐスマートフォンアプリ広告主向けアドフラウド対策ツールです。

「CAF」では事前に不正クリックを検知・制御対応を行うリアルタイム不正検知機能によって、不正ユーザーによるアクセスで発生し得る広告コストを削減し、広告の品質・効果改善を図ります。また、約30の不正検知項目を実装することで、より強固な不正対応の実現に取り組んでおり、今後もさらなる不正検知項目の追加実装を予定しております。

CAF

【CAFの主な特徴と導入メリット】
①リアルタイム不正検知機能を搭載
広告クリック時点での不正検知・制御を行うことで、不正成果の発生を未然に防ぎます。

②約30の不正検知項目を実装
より強固な不正対応を実現するため、約30に上る不正検知項目をカバーしています。
不正検知後のクリックブロック機能により、無駄コストの削減に繋がります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加