このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.12.1

ADKマーケティング・ソリューションズ、ラクスルの運用型テレビCMサービス「ノバセル」と協業

ADKマーケティング・ソリューションズとラクスルは、運用型TVCMソリューションを共同で提供することを目的に、業務提携を発表しました。

ADK MSは、顧客を獲得するだけでなく、維持・拡大、そして熱いファン(顧客資本)へ育てる「顧客体験創造」会社であることを新たな事業ビジョンとして掲げ、そのキーソリューションとして「D2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)」マーケティングを大幅に強化しております。eコマースを中心とした購買接点でのコミュニケーション(狭義の「D2C」)のみならず、デジタル化時代においては全ての顧客接点(フルファネル)でのブランドと顧客の直接的コミュニケーションを「D2C」と捉え、新たなソリューションをご提供してまいります。

そうした中、近年はメディアの多様化やユーザー行動の複雑化により、マスメディアの位置づけが変化するとともに、マスメディアならではの活用方法が改めて見直され始めております。また、新型コロナの影響に伴うマーケティング予算の見直しを背景とした、マスメディアへの投資対効果に対する意識が一層高まっております。ADK MSはこうしたニーズに対応し、マスメディアにおいてもブランドと顧客の最適なコミュニケーションを支援する、独自のプレシジョン・マーケティングをご提供してまいりました。近日、オンライン・オフラインメディア統合での最適プランニング、TVメディアのパフォーマンスを高め、顧客のLTVを最大化する運用型バイイング等、一連のメディア運用ソリューションを、改めてサービスブランドとしてローンチする予定です。

今回、ADK MSはそうした取り組みの一環として、テレビCM効果を即時に可視化できるクラウド型テレビCM効果測定ツール「ノバセルアナリティクス」をはじめとしたソリューションに強みを有する、ラクスルと業務提携に関する基本合意に至りました。今後、ラクスルが提供するサービス「ノバセル」と、弊社のメディア運用のソリューションを組み合わせることで、TVCMのプランニングから、制作、バイイング、検証までをワンストップで提供する体制を構築し、新規にTVCMを実施する企業や、ウェブコンバージョン型企業に対して、CPAを最大化する運用型TVCMソリューションを共同で提供することを目指してまいります。加えて、CPAにコミットすることを象徴するサービスとして、運用型成果連動CMの提供も予定しております。なお、今回の取り組みが今後のマスメディア業界の活性化にもつながることも期待しております。

ADK ラクスル
<提携パートナー企業について>
ラクスル株式会社 取締役CMO ノバセル事業本部長 田部正樹氏

ノバセルは運用型テレビCMという市場を開拓しようとしています。それはFACTとなるデータをベースとし、ビジネスインパクトを可視化することでWEBマーケティングのようにPDCAを回し続けるという新たな手法です。

運用型テレビCM市場の開拓を進めるためには、テレビCM市場の裾野を広げることが重要です。テレビCMを検討している企業にとっての最大の課題は、費用対効果であり、その懸念を払拭する必要性があると考えました。

そのためにはマスとデジタルをCPAという指標で融合させ、クリエイティブからメディア配信までをワンストップで提供することが必要不可欠です。最適なパートナーとしてテレビCMとデジタル広告のリーチ最適化のシミュレーションサービスやパネルデータなどオンオフ統合プランニングに強みのあるADKマーケティング・ソリューションズ様と協業させていただくことになりました。その第一弾サービスが「運用型成果連動テレビCM」です。市場の開拓はテレビCMのデジタルトランスフォーメーションへの挑戦です。多くの企業の課題を解決し、両社でテレビ市場を発展させて参ります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加