ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2020.12.22

Instagramの“機能別”利用実態調査レポート【サムライト調査】

サムライトは、企業のSNSマーケティングにおいて存在感を高めているInstagramのユーザーの利用実態を明らかにするために、メインユーザー層である20〜30代女性を対象に調査を行いました。

 

■ 20〜30代女性ユーザーの間でもっとも使われているのは「ストーリーズ」
Instagramの各種機能の利用状況を質問したところ、下記グラフの通り、「ストーリーズ」の利用がもっとも多く、「フィード」がそれに続いています。また、比較的新しいライブ配信や「旬の話題」といった機能をよく利用するユーザーも一定規模いることがわかりました。
企業がInstagramアカウントを運用する際は、フィードとストーリーズを基本としつつ、その他の機能も積極的に活用することで、Instagram攻略への道が開けると言えそうです。

サムライト インスタグラム

■ 各機能の閲覧目的に、異なる傾向があることが判明
現在のInstagramの主な機能/コンテンツである「フィード」「ストーリーズ」「Instagramライブ」「IGTV」「リール」の5つにおいて、企業やブランドのアカウントをどのような目的で閲覧しているかを質問した結果が以下の通りです。
企業がInstagramを攻略するためには、それぞれの機能においてユーザーの期待に応えるコンテンツをいかに提供できるかがポイントとなりそうです。

【フィード】
「企業やブランドの最新情報」「セールやキャンペーンなどのお得な情報」と回答したユーザーがもっとも多いという結果に。「商品に関する詳細な情報」「お役立ち情報」など有益な情報のニーズも一定規模見られる。

【ストーリーズ】
「企業やブランドの最新情報」「セールやキャンペーン情報」に加え、「最近のトレンドや話題」と回答したユーザーも比較的多く、よりタイムリーな情報のニーズが多いという特徴が見られる。

【Instagramライブ】
「企業やブランドの最新情報」に次いで、「商品の説明」「商品に関する情報収集」が挙がっており、商品に関するより詳細な情報を得るためにライブ配信を視聴するユーザーの割合が多い。

【IGTV&リール】
有益な情報を得るためというよりも、面白いコンテンツとして楽しんでいる様子がうかがえる。リールではオフショットを見たいという回答も他の機能より多くなった。

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加