このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.12.22

トランスコスモス、オペレーションノウハウにデジタルマーケティングを組み合わせたアウトバウンドの提供を開始

トランスコスモスは、コンタクトセンターにおける多くのアウトバウンド業務の運用で培ったオペレーションノウハウにデジタルマーケティングを組み合わせ、顧客体験の向上と売上拡大を実現するデータ活用型マルチチャネルアウトバウンドの提供を開始します。

データ活用型マルチチャネルアウトバウンドサービスでは、ヒトとデジタルを融合することで、オペレーターに個々に依存した画一的な運用から進化させ、複数のチャネルを活用し、顧客のニーズやライフスタイルに応じて魅力的な提案を行うアウトバウンドコミュニケーションを実現します。また、顧客の興味関心が高まるモーメントを捉えた施策による顧客体験の向上とお客様企業のビジネス伸長に貢献します。

トランスコスモス

データ活用型マルチチャネルアウトバウンドサービスのポイントは下記の通りです。従来型アウトバウンドで生じる課題をデジタル融合により解消することで獲得率を最大化します。

■獲得率改善オペレーションへの取り組みポイント
① 【AIによる高度分析を通じた分析・判断・スコアリング】
ヒトではなくAIによる高度分析で繋がりやすい時間帯・獲得しやすい顧客層を明確に判断。加えて、スコアリングによって、獲得スコアが高いリストのみ効率的に発信することが可能です。これによって、従来型のアウトバウンドで課題となる感覚値頼りのタイムマネジメント、確度が低い顧客に発信することによるCX評価の低下、費用対効果が上がらないといった課題解消をサポートします。先行して導入いただいたお客様企業では導入前と比較し、約1.2倍の実績向上に成功しました。
※成果向上のためご提供いただく情報項目に関しまして都度ご相談させていただきます(例、顧客の属性データ、過去の架電実績、購買状況、etc.)

② 【音声認識を活用したヒューマンタッチの最大化】
コンタクトセンターによるヒューマンタッチの強みをより最大限に活かすため、アウトバウンドコールには「transpeech」(*)を使った音声認識や感情解析機能を搭載。顧客のニーズや発言されたキーワードにあわせてリアルタイムに提案サジェストを実施することが可能です。オペレーターへのリアルタイム支援や会話データの分析による改善活動を促進することでヒトとデジタルを融合し、オペレーターの品質のばらつきやタイミングのよい提案が行えないといった課題を解消し効果の最大化を実現します

③ 【Web行動と連動した次世代テレマーケティング】
CXを向上させ、獲得率の改善をはかるためには顧客の検討状況にあわせたアプローチが必要とされますが、従来のアウトバウンドでは、顧客の検討度合いがわからないまま発信するしかありませんでした。本サービスでは、リストに対して決められたタイミングのアウトバウンドだけでなく、顧客の検討状況にあわせたフォローを実施。コンタクトセンターのデータだけでなく、KARTEなどのデジタルソリューションを活用することで顧客のWebでの行動データから顧客の状態までを把握。顧客の検討度合いにあわせた適切なタイミングでマルチチャネルでのアウトバウンドが実現できます


  • このエントリーをはてなブックマークに追加