このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.12.22

アクセルマーク、約1.7億円の債務超過に

アクセルマーク

ゲーム事業や広告事業を行っているアクセルマークは、2020 年9月期において、営業損失652 百万円、ゲーム事業のソフトウエアやオフィス縮小に伴う固定資産の減損損失等 221 百万円の特別損失を計上したこと等により、親会社株主に帰属する当期純損失 825 百万円を計上したことから、171 百万円の債務超過となった。

同社は、スマホの普及が一巡したことによりスマホコンテンツ市場の競争の激化が進み、開発費や広告宣伝費が増加する一方でヒットタイトルを創出できず、業績不振から脱却できない状態が続いていた。

2020 年9月期は、ゲーム事業の赤字や新規事業への投資過多の状況が続いていたことから、ゲーム事業からの撤退及び協業体制への移行による新規事業への投資抑制等の事業構造の改革を実施。また、事業の譲渡による従業員数の減少や在宅勤務の導入を受けてオフィスを縮小することを決定する等、固定費用の削減を行っていた。

収益基盤を担う広告事業の成長及び収益強化に努め、利益体質への転換を図るとともに、既に発行している新株予約権等の行使による資金調達を併せ、早期の債務超過の解消を目指す。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加