このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2021.1.14

Legoliss、AIを活用したデジタルマーケティング領域で日本マイクロソフトと協業

Microsoft Legoliss

三井物産子会社のLegolissは、マイクロソフトのAIや機械学習を活用したデジタルマーケティングの実現に向けて、日本マイクロソフトと協業を開始します。

 まず両社は、マイクロソフトのパブリッククラウドプラットフォーム Microsoft Azureを利用する企業向けに、Legolissが自社開発したマルチクラウド対応のカスタマイズ型CDP(カスタマー・データ・プラットフォーム)「kukuLu(ククル)」を提供します。

近年高まるデータ活用ニーズに対して、Legolissおよび日本マイクロソフトは、CDPであるkukuLuをAzure上に構築することで、Azureでのデータ活用をより身近に実現いたします。さらに、AzureのAIや機械学習を活用し、kukuLuに蓄積するデータを分析することで、消費者行動をより幅広く捉えたデジタルマーケティングが可能になります。
また、本協業開始にあわせ、Azure利用企業を対象にkukuLuの導入を支援するとともに、本ソリューションに関する技術支援パートナー企業を募集し支援体制を拡大していきます。

両社は、本協業において以下の取り組みを行います。

Legoliss
1. Azure利用者に対するCDP kukuLu構築​
2. Azure利用者に対するAzure上へのPC・スマートフォン・タブレット等マルチチャネルの音声・テキストデータの統合・分析基盤構築に対する支援

日本マイクロソフト
1. AI人材育成支援:LegolissおよびCDPサービスkukuLu の 開発チームに対して、「マイクロソフトクラウド&AI人材育成プログラム」を通した、AI関連技術のトレーニングを提供
2. イノベーション創出支援:市場ニーズの理解とテクノロジセッションを開催し、「AI・機械学習」とCDPの融合による新サービスの創出を支援します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加