ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.1.20

BitStar、社外取締役に元ドリームインキュベータの山川隆義氏が就任

bitstar

BitStarは経営体制及びガバナンス強化、企業価値向上を目的として社外取締役に山川隆義氏が就任したことをお知らせいたします。

BitStarは「100年後に名前が残る産業・文化をつくる」というミッションのもと「その輝きを、加速させる。」というタグラインを掲げ、クリエイタープロダクション事業、コンテンツ制作事業、インフルエンサーマーケティング事業を提供しています。
約15年間に及ぶ上場企業での経営経験や出資・経営を通じたエンタメ業界への深い造詣とネットワークを持つ山川隆義氏が社外取締役に就任することで、BitStarの経営体制及びガバナンスの強化、企業価値向上に寄与していただくとともに、共にコンテンツ産業におけるメガベンチャーを目指し事業を推進してまいります。

■社外取締役 山川隆義氏
京都大学工学部および同大学精密工学修士(生産システム専攻)。横河ヒューレットパッカード(現在の日本HP)、ボストンコンサルティンググループを経て、2000年にドリームインキュベータ(DI)創業に参画。2000年取締役CTO、2005年取締役副社長、2006年代表取締役社長を経て、2020年6月よりビジネスプロデューサー。2021年1月、当社取締役に就任。

■山川隆義氏 コメント
エンターテインメント分野は、デジタル化がまだまだ遅れている分野の一つであり、大きなポテンシャルが存在します。新たなスターを発掘・育成し、情報技術を駆使してファンとインフルエンサーを結びつけることができれば、凄まじく大きなビジネスチャンスです。

こうした中、BitStarは若くてエネルギー溢れる経営陣を中心に、急速な成長を遂げています。今回、社外取締役として参加させていただくことは、私にとっても大変刺激的であり、私のビジネス経験や投資家としての経験が、BitStarの企業価値のさらなる向上に貢献できればと思っております。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加