ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.9.10

17LIVE、グローバル本社を台湾から日本へ移行し新体制へ

17LIVEは、2021年末までに日本の17LIVE株式会社が、17LIVEグループのグローバル本社になることを発表しました。

日本発のグローバル会社として、経営の本社となる日本を拠点とし、各地域への事業展開のスピード化と組織のさらなる活性化をはかります。これに伴い2021年9月10日(金)、社名、ロゴ、ミッションステートメントを一新し、グローバルに展開する日本企業として、世界6箇所に拠点をもち、5,000万以上の登録者を達成しているライブ配信プラットフォーム事業を推進してまいります。

■新社名
17LIVE(ワンセブンライブ)株式会社

<新社名について>
日本で「イチナナライブ」、台湾では「イーチーライブ」、アメリカでは「LIVIT(リビット)」と、地域ごとに異なるサービスの呼称を「ワンセブンライブ」に統一し、グローバルブランドとしてのポジションを明確にいたします。また、ライブ配信プラットフォームも同様に「17LIVE(ワンセブンライブ)」に変更いたします。

■新ミッション
「ライブ」テクノロジーを通して、人と人のつながりを豊かにすること。

17live

<新ロゴについて>
強調した1と7の数字には、「1つの空の下、7つの大陸を越えて一緒につながる」という想いを込めました。
赤はライブ配信の躍動や楽しさ、白はライブにおける”ありのまま”の部分を表しています。さらに、赤は生放送中であることを示す「ON AIR」のマークをイメージしています。かつてテレビやラジオが大衆文化を育んだように、17LIVE(ワンセブンライブ)は21世紀のコミュニュケーション文化をうみだすプラットフォームを目指してまいります。

■代表取締役/Global CEO 小野裕史コメント
2015年に台湾にて創業し、2017年から日本にてサービスを展開する当社は、現在世界6ヵ国に拠点を置き、従業員900人以上を超える企業へと成長してまいりました。日本にローンチして4周年目を迎え、日本に本社を移管することで、日本発のグローバルカンパニーとなります。「ライブ配信プラットフォーム」のさらなる成長を見据え、時代と共に進化し続けるテクノロジーの力と共に、これからも、誰とでもこの瞬間に繋がれる新しいコミュニケーションのあり方を、皆様と共に創造し続けてまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加