ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.10.1

Salesforceとアリババクラウド、ソーシャルコマース製品の中国での提供開始で合意

セールスフォース・ドットコム アリババ

セールスフォース・ドットコムとアリババクラウドは、中国における多国籍ブランドの事業成長を支援するため、中国本土で設計・構築を行うヘッドレスコマース製品「Salesforce Social Commerce」の提供開始に向けて合意したと発表しました。

背景: 世界最大のオンライン小売市場である中国でのビジネスは、Salesforceの多くの顧客にとって非常に重要です。しかし、中国本土で事業を展開する際、企業はパフォーマンス、データレジデンシーに関するコンプライアンス、現地のプラットフォームとの連携の難しさなどの課題に直面しています。

市場への影響:ソーシャルネットワーク上のコミュニティを活用し、Eコマースの販売を促進するソーシャルコマースが中国国内で普及しています。こうした中、企業にとっては現地のプラットフォームとの連携がとりわけ困難な課題となっています。2020年、中国のソーシャルコマースは44%の成長(https://www.emarketer.com/content/global-historic-first-ecommerce-china-will-account-more-than-50-of-retail-sales)を遂げました。今年はさらに35.5%拡大し、市場規模は3630億米ドルを超えると予想されています。

Salesforce Social Commerceは、このようなソーシャルコマースの成長を念頭に置いて構築されています。企業が中国における全てのストアフロントのデータを一元管理できるよう支援し、現地の主要なシステムとの連携を可能にします。

米国Salesforceの最高ビジネス責任者(CBO)であるライアン・エイタイは次のように述べています。
「アリババクラウドと共同で、現地化した新しいコマース製品を提供する予定です。これにより、企業はウェブサイトからソーシャルアプリに至るまで、ファーストパーティのコマース体験を一元管理し、顧客を360度ビューで把握することができます。当社は、多国籍企業が中国で成功できるよう全面的に支援してきました。今後は、アリババとのパートナーシップのもと、より多くの製品を市場に投入するために精力的に取り組んでいきます」

アリババグループの副社長兼アリババクラウド・インテリジェンスのエコシステム&セールスオペレーション担当プレジデントである郭継軍氏は次のように述べています。
「今回の製品提供は、Salesforceの信頼性の高い製品を中国本土に導入するため、世界的なテクノロジーリーダーである両社のパートナーシップの一環として行われます。現地化したコマース製品は、ブランドが中国市場における固有のニーズを満たすことを実現すると同時に、グローバルなSalesforce製品との一貫性を提供します。今回のパートナーシップにより、中国本土で事業展開するSalesforceのお客様が、現地のビジネスや文化に精通するアリババクラウド上で構築されたSalesforce製品にアクセスできるようになります」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加