ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.10.5

フルスピード子会社のフォーイット、NFT発行サービスを運営するメディアエクイティと資本業務提携

フォーイット

フォーイットは、2021年9月30日(木)に開催された取締役会において、NFT発行サービス「HEXA(ヘキサ)」を運営するメディアエクイティと両社事業ならびにサービス強化を目的に、資本業務提携を発表しました。

■資本業務提携背景
当社は5Gの普及を視野に、YouTuberをはじめとしたインフルエンサーと呼ばれるクリエイターの収益強化ならびに収益サポートを実現するため、インフルエンサー支援事業を展開する株式会社Bitstarと資本業務提携をおこない、本年5月に共同開発したインフルエンサーDXサービス「Bitstar Network」をリリースし、クリエイターエコノミーに注力してまいりました。

一方メディアエクイティ社は、デジタルデータ(デジタルアート・ゲーム・マンガ・音楽など)に対してメタ情報をブロックチェーン上に記録することで、デジタルデータに資産性を付与する、日本発のNFT発行サービス「HEXA」を運営しています。支持者(ファン)がインフルエンサーの作品やツイートのデジタル資産NFTを購入し応援することで、インフルエンサーと継続した繋がりを作ることが可能となります。さらに、投げ銭システムのような支援したら終わりではなく、自分の「推し」への応援やサポートが資産価値のとして残るというメリットも得られます。

この度のメディアエクイティ社との資本業務提携に伴い、当社はNFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)市場への参入を果たしました。日本発のNFT発行サービス「HEXA」を用いることで、当社サービスをご利用いただくアフィリエイトパートナー様ならびにインフルエンサー様、クリエイター様の収益支援を実現し、クリエイターエコノミーを活性化してまいります。

今後も多様なソリューションを導入することで、当社サービスをご利用いただくメディア様、クリエイター様、インフルエンサー様の収益強化を図る共に、ブロックチェーンが拓く新たな経済圏にも寄与してまいります。

■HEXA(ヘキサ)とは
ツイッターなどのSNS投稿をNFTとして発行から販売まで支援するサービスです。NFT発行の際の、優れたなりすまし対策の仕組みと技術力を有し、発行者・購入者双方にとって安心して利用できる安全性や、NFTの発行申請まで誰でも30秒程度ででき、日本円決済機能を導入するなど操作性に強みを有しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加