ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.3.16

博報堂、CryptoGamesおよび明和観光商社と三重県にて御朱印NFTを参拝客に無料配布する実証実験開始

博報堂のHAKUHODO Blockchain Initiative(博報堂ブロックチェーン・イニシアティブ)と博報堂行動デザイン研究所は、NFTサービスの開発を行うCryptoGames、三重県明和町の観光復興を進める一般社団法人明和観光商社と共同で、同町・竹神社の御朱印をデザインしたNFTを、紙の御朱印を授けられた方に無料で配布する実証実験を3月18日に実施を開始しました。

テクノロジーが進展し、観光分野においてもデジタルトランスフォーメーションが加速しています。これまで観光の体験価値はリアルな場で生まれることが前提でしたが、これからはデジタル技術も複合的に活用しながらリアルな観光の体験価値をさらに高め、新たな観光需要を生み出していくことが地方創生の観点からも重要になってくると考えます。

そのような状況に対応する施策の一つとして、ブロックチェーン技術を活用した多様なサービスを展開するHAKUHODO Blockchain Initiativeと、生活者の新しい行動習慣を作り出すための研究と実践を行う博報堂行動デザイン研究所がその知見・経験を掛け合わせ、NFTサービスの開発を行うCryptoGamesと共同で、明和観光商社が支援する三重県明和町の竹神社の御朱印NFTを開発、このたび実証実験を実施いたします。

今回の実証実験では、竹神社の花手水をモチーフとした御朱印NFTを、博報堂行動デザイン研究所が制作。その御朱印NFTを、CryptoGamesが提供するNFT配布ソリューション「NFT Airdrop」を活用して発行します。次の満月参りの日である3月18日に竹神社を参拝し紙の御朱印を授けられた方が、一緒に渡されるQRコードをスマートフォンで読み込むことで、専用ページを通じて御朱印NFTを無料で受け取ることができます。
本実験を通じ、御朱印NFTの受容性と、リアルとデジタルを融合した新たな地方創生施策としての有効性を検証していきます。

博報堂は今後も、テクノロジーを活用し、新たな価値の創造に貢献してまいります。

■竹神社の花手水をモチーフとした御朱印NFTのイメージ
gosyu

■竹神社
住所:三重県多気郡明和町斎宮2757-2
御朱印NFT配布日時:3月18日(金)10:00~19:00


  • このエントリーをはてなブックマークに追加