ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.10.6

チーターデジタル、Customer Engagement SuiteとTreasure Data CDPとのデータ連携を発表

チーターデジタルは、CDP (カスタマーデータプラットフォーム) を提供するトレジャーデータ株式会社との新たなデータ活用に向けた製品連携に合意したことを発表しました。

POSデータやWebログなど、様々な顧客データの収集と統合分析を強みとするCDPの利用に加え、マーケティング施策の実行を効率化するマーケティングオートメーション(MA)の活用が日本市場において浸透しています。しかしながら、不確実性が高く市場環境が急速に変化する状況において、サードパーティクッキーの利用規制や、新規獲得偏重のビジネスモデル脱却へのシフトが顕著となるなど、ビジネス変革も新たな局面を迎えています。

今回、チーターデジタルが提供する『Customer Engagement Suite (以下CES) (https://www.cheetahdigital.com/jp/solutions )』とトレジャーデータが提供する『Treasure Data CDP (以下CDP) (https://www.treasuredata.co.jp/cdp-guide/cdp-101/ )』を連携することで、粒度が細かい顧客データであるゼロパーティ データ (趣味・嗜好・選好情報) を、CDPに格納することが可能になります。また、CDPが収集した従来の顧客データと連携させることでデータの幅を広げ、顧客理解の深度と解像度をより一層向上させ、精緻なパーソナライズを支援します。さらには、データ活用の出口となるマーケティングオートメーションの精度向上に加え、顧客ロイヤルティ向上のためのオファー管理やランキング管理についても、次世代のパーソナライゼーション領域への可能性を拡大させます。

チーターデジタルとトレジャーデータの製品連携により、利用企業は解像度の高いデータを収集・分析することで、顧客ロイヤルティ向上のための具体的な施策検討が可能になります。

チーターデジタル

1. ゼロパーティ データのCDP連携による顧客解像度の向上
顧客に関する趣味嗜好データであるゼロパーティ データをTreasure Data CDPに連携。これにより、従来の会員情報や購買情報と合わせて高解像度で顧客像を把握することが可能になります。

2. マーケティングオートメーションの実施精度向上
より充実した顧客情報を元に、MA施策における獲得からオンボーディング、エンゲージメントなど各シナリオの精度を向上。顧客一人ひとりの特性に沿って、より最適にパーソナライズされたメッセージを配信することで、コンバージョンの向上を図ります。

3. 顧客ロイヤルティの向上および、ロイヤルティ プログラムの精度向上
CDPデータ連携により、従来のCDP利用企業においてより精緻な顧客ロイヤルティ管理を実現。ポイント、会員ランク、ロイヤルティオファーなど、顧客の嗜好情報を加えたブランド体験の提供で次世代のロイヤルティ マネジメントを加速します。

チーターデジタルのソリューションコンサルティング部門ディレクターの松田 行正は、次のように述べています。「これまでもチーターデジタルでは、マーケティングオートメーションの分野でトレジャーデータと連携し、お客様の課題解決に貢献して参りました。データ活用のコンサルティング領域までを含めた今回のパートナーシップにより、今後ますます求められるパーソナライゼーションやゼロパーティ データの活用、機械学習を活用した効率的な施策実行、効果測定からのPDCAサイクル運用といった包括的な支援が可能になります。日本のCDP市場で9割以上の導入率を誇るトレジャーデータとのこの度の包括的パートナーシップが、お客様に向けた、これからの施策提案の転換点になると確信しています」

チーターデジタルでは、今後も最先端のプラットフォームとマーケティングの専門支援サービスの提供を通じて、顧客ロイヤルティを向上する戦略を支援してまいります


  • このエントリーをはてなブックマークに追加