ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.10.27

サイバーエージェント、2021年9月期通期は増収増益 ~ABEMA事業で901億円の特別損失計上~

サイバーエージェント

 サイバーエージェントの2021年9月期の連結業績は、売上高が前期比39.3%増の6664億6000万円、営業利益が同208.1%増の1043億8100万円、経常利益が同209.2%増の1046億9400万円、純利益が同528.8%増の415億5300万円でした。

 スマートフォン市場の成長を取り込む一方で、中長期の柱に育てるため「ABEMA」への投資をしつつ、売上高は増加、営業利益は増加、経常利益は増加、親会社株主に帰属する純利益は増加でした。

 インターネット広告事業には、インターネット広告事業本部、AI事業本部、㈱CyberZ等が属している。広告効果の最大化を強みに、過去最高の売上高を更新し、売上高は3213億1300万円(前年同期比19.3%増)、営業損益は225億7000万円の利益計上(前年同期比7.1%増)でした。

 ゲーム事業には、㈱Cygames、㈱Craft Egg、㈱サムザップ、㈱アプリボット等が属している。新規タイトルが大きく貢献し、売上高は2627億5100万円(前年同期比68.6%増)、営業損益は964億4500万円の利益計上(前年同期比217.9%増)でした。

 メディア事業には、「ABEMA」、「WINTICKET」、「Ameba」等が属している。新しい未来のテレビ「ABEMA」への投資をしつつ、売上高は828億6900万円(前年同期比45.1%増)、営業損益は151億4100万円の損失計上(前年同期間182億6700万円の損失計上)でした。

ABEMAで特別損失を計上

 連結子会社である株式会社AbemaTVは、2016年4月に新しい未来のテレビ「ABEMA」の提供を開始し、2021年10月で7,300万ダウンロードを超え、重要視しているWAU(=Weekly Active User)が2021年8月に過去最高の1,800万人を超える週を記録するなど、順調に増加。また、2021年9月期の「ABEMA」とインターネット投票サービス「WINTICKET」などの周辺事業を含む売上高は、前期比2倍の449億円となり好調に推移しました。

 一方で、開局5周年を迎え、当初の見通しよりも大きく投資し大きく回収すべく計画を積極的に見直したことで、貸倒引当金繰入額等901億円を計上することを決定いたしました。当該事象により、2021年9月期個別決算において、901億円を特別損失として計上いたします。なお、当該損失処理は連結決算上相殺消去されるため、連結財務諸表に与える影響はございません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加