ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.12.10

電通デジタル、データアーティストと「AI活用型コンバージョン率改善サービス」をパッケージ化

電通デジタルは、データアーティストと共同で、「AI活用型コンバージョン率改善サービス」をパッケージ化し提供を開始します。

昨今、ユーザーの情報収集において、検索・SNS・広告など様々な方法が使われることでWebサイトへの流入経路や来訪目的が多岐にわたり、Webサイト内のユーザー行動も複雑化が進んでいます。そのため、企業のWebサイト担当者は高度な分析スキルに加え、データ統合やデータ基盤の構築など、非常に高い能力も求められるとともに分析量や実行工数の大幅な増加により負担は増加する一途を辿っています。

このような背景から、Webサイトのグロース支援で高度な専門性を有する電通デジタルと、AI開発で数多くの実績を持つデータアーティストは、Webサイトのコンバージョン率(以下、CVR)改善を一括で支援することができる本サービスを共同で開発しました。
企業のWebサイト内において、AIでユーザーの行動を精緻に分析してコンバージョン(以下、CV)予兆・離脱予兆の発見とCV起点のクラスターを抽出し、CVが高まるゴールデンパス※1を発見します。その上で、パーソナライズのPDCA・改善策の実行まで一気通貫で対応し、最も効果の高いCVR改善を導出します。
分析から改善策実行までをパッケージ化することにより、企業はあらゆるデータからWebサイトの状況を把握するだけでなく、購買予兆を捉えた適切なパーソナライズの実行が可能になります。これにより企業はCVの精度を高め、新規顧客獲得を最大化することができます。

また、このユーザー行動分析の際には、対象Webサイトの行動ログを「Googleアナリティクス」による全量データや、「DLPOツール※2」を用いたABテスト・多変量テスト・パーソナライズ配信などによるページ内行動データ、「People Driven DMP®※3」による属性データによって、行動と属性を”人”基点で統合したビックデータを活用します。

今後も電通デジタルは、データアーティストとの連携を強化し、WebサイトのCV向上において最先端で高水準のAI技術を活用したサービス開発・提供を推進し、企業の事業成長に貢献します。

電通デジタル


  • このエントリーをはてなブックマークに追加