ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.11.22

朝日新聞社、AI要約やAI校正技術などを試せる「朝日新聞Playground」を公開

朝日新聞社は、独自開発の先端技術を用いたAPIを試せるWebサイト「朝日新聞Playground」を公開しました。現在、自動要約生成 API (注1)「TSUNA®」と校正支援API 「TyE」の2つのデモをお試しできます。

「TSUNA®」は、入力された文章の要約文や見出しを自動で生成するAPIです。見出しの長さや見出しに含めたい語句の指定が可能で、与えられた入力に対して複数の異なる見出しを生成することができます。朝日新聞社が保有している30年分以上に及ぶ記事を、効率よく処理させるためにフィルタリングした上で、ディープラーニングの機構を用いて学習しました。本技術の一部は、現在特許を出願中です。

「TSUNA®」は2019年に公開され、朝日新聞社内では広く業務に活用されている他、社外での活用も広がっています。

「TyE」は、入力された文章中の誤りが含まれていそうな部分を検知することで、校正を支援するAPIです。挿入・削除・置換の3つの修正方針と、検知の自信度合いを同時に提示することで、本文中の直すべき箇所が根拠とともにわかるのが特徴です。朝日新聞社が保有している記事の編集履歴から生まれる誤り訂正データを人手で厳選した上で、人工知能に学習させています。

asahi

「TyE」は2022年6月の公開直後から社内外での利用が広がっていますが、今回デモを公開し、ご評価頂きやすくしました。

朝日新聞Playgroundでは、今後もあたらしい技術やアイデアをデモンストレーションの形で随時公開していく予定です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加