ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.12.15

Teads、 Integral Ad Scienceのコンテキストコントロールをプラットフォームへ統合

ite

Teadsは、Integral Ad Science (IAS)とのパートナーシップを締結し、ブランドの適合性や、コンテキストターゲティングにおけるセグメントの強化施策の導入を発表しました。

この提携により、TeadsはIASのブランド適合性ソリューションであるContext Control(コンテキストコントロール)をプラットフォームへ統合し、広告主が自社ブランドにふさわしくないと判断したコンテンツを確実に除外することが可能になります。
広告主はTeads Ad Manager経由で、IASが厳選したコンテキストセグメントにアクセスし、入札前にプログラマティックディスプレイ広告や、動画広告キャンペーンを最適化することが可能になりました。

IASのセマンティック技術は、自然言語処理(NLP)を活用しコンテキストのニュアンスを動的に解析します。これは、コンテンツのセンチメント(情緒)とエモーション(感情)を同時に識別することができ、Teadsの広告主においては、99%の広告インプレッションの適合率をこれまでに達成しています。
また、ブランドが不適切と判断した特定のコンテンツのみをブロックすることで、広告キャンペーンの規模を最大化し、無駄な広告機会を除外することによって質の高いジャーナリズムをサポートすることができると考えています。

78.8%のヨーロッパのマーケティング担当者は、デジタル広告を購入する際にブランドの安全性に関して懸念を抱いていると回答していますが、Teadsはこの度のIASとのパートナーシップにより、広告が安全かつ適切な環境で配信され、ディスプレイ(静止画)および動画フォーマットにおいて正確かつスケーラブルに広告の配信が可能であるという信頼をブランドに提供することができます。

200以上の最適化されたIASのコンテキスト除外セグメントを活用することにより、Teadsの広告主は広告が配信される前に、コンテンツの内容をコントロールし、ブランドにとって危険または有害とみなされるコンテンツを含む特定のトピックに対するインプレッションを除外することができるようになります。
IASを活用するクライアントは、コンテキストセグメントに加え、Teads Ad Manager上でブランド適合性プロファイルをカスタマイズすることも可能になります。
この包括的な技術連携により、パブリッシャー側においては、入札前にフィルタリングが行われ、コンテンツに適した広告の選択が可能になるため、在庫の無駄を省くことができ、収益性をより向上させることが可能になりました。

<本提携へのコメント>
資生堂カンパニーのEMEA Media & Global Fragrances Communication Directorである、Barbara Dang(バーバラ・ダング)氏は次のように述べています。
「ラグジュアリーブランドとして、広告が表示されるメディア環境の質は、当社のデジタル広告戦略にとって極めて重要です。そのためには、潜在的なリーチ・規模感に妥協することなく、広告が隣接するコンテンツを綿密にコントロールすることが重要です。IASの最新ソリューションをTeadsのプラットフォームに統合することで、この2つの目標を達成することができ、ブランドの適合性に安全性を維持しながら、ビジネスの成果を上げることに成功いたしました。」

IASのChief Commercial Officerである、Yannis Dosios(ヤニス・ドシオス)氏は次のように述べています。
「Teadsのプラットフォーム内へ、Webページなどのオンラインコンテンツの文脈や感情、情緒を分析し、ブランドイメージにそぐわないコンテンツを避けることが可能なContext Controlソリューションを統合することで、広告主がキャンペーンをよりカスタマイズできるようになったことを嬉しく思っています。また、クッキーレス環境では、キーワードのみやブランドセーフティのアプローチと比較して、スケールを最大化しながら、広告主が入札前に不適切なコンテンツのみを除外することによって、パブリッシャーの収益化を促進することが可能となります。」

TeadsのChief Product Officerである、Remi Cackel(レミ・カッケル)は次のように述べています。
「昨今、メディア戦略の持続可能性をこれまで以上に意識しているマーケターが急増しています。IASとの提携により、広告主はTeadsの高品質な広告インベントリーにサードパーティのソリューションを重ね、広告が配置される以前にコンテンツの内容をよりコントロールできるようになりました。広告主様へブランド適合性技術を活用した最適化をすることは、ブランドに対する信頼を築きながら、より多くの消費者にリーチ可能なキャンペーンを提供することとなります。私たちは安全なソリューションの開発を継続してまいります。IAS社との連携により、質の高いジャーナリズムへのサポートが強化され、すべての人により良い結果をもたらすことが叶うよう期待しております。」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加