ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

大日本印刷、XR・ブレインテック事業を展開するハコスコをグループ会社化

hdn

大日本印刷株式会社は、XR(Extended Reality)のスタートアップの株式会社ハコスコが発行する株式の51%を取得してグループ会社としました。

【株式取得の目的】
ハコスコは、メタバースの構築・運用や基盤開発に加え、脳科学とテクノロジーを組み合わせたブレインテック事業でも強みと実績を持ち、XR事業とブレインテック事業を展開する実験カンパニーです。DNPは、2023年5月に新中期経営計画にて、注力事業領域の新規事業に「コンテンツ・XRコミュニケーション関連」を掲げ、積極的な投資を進め、2025年度にはこの事業の売上を2022年度比で2倍超の成長を目指すことを発表しました。今回、ハコスコをDNPグループに迎えることで、XRコミュニケーション事業の拡大を促進するとともに、スマートコミュニケーション分野での新規事業創出を目指します。

【今後の展開】
DNPとハコスコは、両社の強み・ノウハウ・ネットワークを活かし、メタバースの構築支援をはじめとする「XRコミュニケーション事業」の拡大を目指します。ハコスコのアジャイルな事業開発力や幅広いネットワーク力をDNPグループとして活用していくことで、多様な人材とともに価値を創造し、未来のあたりまえをつくる継続的なイノベーションの創出に取り組んでいきます。

株式会社ハコスコについて
「現実を科学し、ゆたかにする」をミッションに、理化学研究所の理研ベンチャー制度により、2014年に創業。メタバースや360度映像配信などのXR事業とBMIや脳活動計測ソリューション開発のブレインテック事業を展開。XRコンソーシアムおよびブレインテック・コンソーシアムの代表理事を務めるなど、先端技術の業界コミュニティ形成にも尽力。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加