ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2015.3.5

PubMatic、ネイティブ広告ソリューションをプラットフォームに追加 (日本語)

パブマティックは本日、パブリッシャー向けの当社ワン・プラットフォーム(One Platform)の一部として、プログラマティックネイティブ広告が提供可能になったと発表しました。この標準ベースのソリューションによって、パブリッシャーはシームレスなネイティブコンテンツ体験を自在の規模で提供できる能力が得られるため、ネイティブ広告市場は前進します。パブリッシャーは初めて、さまざまなスクリーンや販売チャネルにわたってネイティブ広告メディア戦略を管理し、そこから収益を上げるために必要な詳細情報、リアルタイム分析、データ視覚化、レポート機能を備えたシングルプラットフォームを利用できるようになります。パブマティックのネイティブソリューションにより、パブリッシャーやメディアバイヤーはコンテキストに応じてターゲットを絞ったネイティブ広告ユニットとして、リーチを拡大し、またユーザーエンゲージメントを高められる広告ユニットを開発することができます。

パブマティックのネイティブソリューションは現在、モバイルウェブやアプリ内に加え、デスクトップ、リアルタイム入札(RTB)やプライベートマーケットプレイスで使用でき、パブマティックのモバイル広告サーバーによる直接配信の力を活用しています。初期段階のパブリッシャーおよびデマンドサイドパートナーには、Adelphic、Appia、BidSwitch、Bidtellect、CraveLabs、Digilant、DistroScale、Fiksu、Lyfe Mobile、MediaMath、Pinger、PowerLinks、Softonic、StackAdapt、StrikeAd、Turnが含まれます。このソリューションは今後、オートメーテッドギャランティードなど、他のチャネルでも活用可能となります。

Pinger共同設立者のGreg Woock最高経営責任者(CEO)は、次のように語っています。「パブマティックはネイティブ広告の統一仕様策定に重要な役割を果たしましたが、この統一仕様のおかげで当社は素晴らしいユーザー体験を提供することができます。パートナーとの協力により、多様で質の高いメディアバイヤーを対象に、当社独自のネイティブソリューションを広く提供できることは、当社にとって大きな喜びです。」

パブマティックのネイティブソリューションには、下記のようなメリットがあります。

ワン・プラットフォーム  パブマティックにより、あらゆるスクリーンを対象に、ネイティブ広告とプログラマティックな直接販売チャンネルをシングルプラットフォーム上で統合することができます。

高レベルの制御と柔軟性  構成可能な広告ユニット(コンテンツウオール、アプリウオール、ニュースフィード、チャットリスト、カルーセル、コンテンツストリームを含め、自在の規模でターゲット化可能)をシームレスにサポートするアーキテクチャーを活用することができます。

収益力向上と標準化  標準のネイティブ広告ユニットを選択するか、カスタマイズユニットを新たに作成することで、フェイスブックやツイッターなどの最有力ネイティブデマンドソースにアクセスし、ネイティブ広告への需要を増加させることができます。

消費者エンゲージメントの向上  ネイティブ広告本来の機能として、自在の規模でのエンゲージメント機能とともに、周囲のコンテンツと消費者の関心に合わせてパーソナライズされたネイティブ広告キャンペーンの同時活用が可能です。

パブマティックのカーク・マクドナルド社長は、次のように語っています。「ネイティブ広告によってエンゲージメントが大きく向上するため、デジタル広告のエコシステムではネイティブ広告の重要性が高まっています。当社のワン・プラットフォーム方式により、多様な広告フォーマットやスクリーンにおいて、パブリッシャーは消費者や広告主との関係を一元化・簡素化しながら、ネイティブ広告収入を増加させることができます。」

今回の発表は、パブマティックが急成長し、速いペースで製品革新を行っている時期の中でのものとなりました。当社は最近、2014年にモバイル分野の売上高が500パーセント増加したと発表しましたが、この中にはモバイル広告サーバービジネスによる売上高は含まれていません。同ビジネスは、当社がエンドツーエンドのモバイルソリューションをパブリッシャーに提供する上での重要要素の1つとなっています。

パブマティックのエンドツーエンドモバイルソリューションの詳細について、またパブマティックのネイティブソリューションのデモについては、モバイル・ワールド・コングレスに出展中のパブマティック・ブース(アップ・プラネット・ホール8.1のD14)にお立ち寄りいただくか、www.PubMatic.comをご覧ください。

パブマティックについて

パブマティックは、大手パブリッシャーや一流ブランドによるプログラマティック広告の戦略に力を与えるプラットフォームです。当社の革新的ソリューションにより、コンテンツプロバイダーは多様なディスプレー、モバイル、ビデオを対象に、自社のデジタルメディア資産で最高価値を発揮し、またパーソナライズ性を高めた広告体験を消費者に提供することができます。パブマティックの専有技術であるワン・プラットフォーム、そして高度なモバイル機能は、コムスコアを利用する一連の世界的パブリッシャーに活用されています。リアルタイム入札(RTB)やプライベートマーケットプレイス(PMP)によるメディア売買のためのオンラインオークションのパイオニアである当社は、数多くの広告パートナー企業とも協力しています。デロイトのランキングにより、2012、2013、2014年の各年度に米国のインターネット分野で最も急成長中の企業の1社とされたパブマティックは、世界規模で営業所を構え、米カリフォルニア州レッドウッドシティに本社を置いています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加