ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2015.4.2

AppLift、APAC地域に北京、東京、デリー支社を新設、1年で収益三倍達成

モバイルアプリ広告プラットフォームを先導するAppLiftがサプライ側を強化するために業界のベテランを雇用

モバイルアプリ広告プラットフォームの首位であるAppLiftは本日、 北京、東京、デリー支社の設立により、アジア・パシフィック地域に勢力を広げていくことを発表した。先日発表された非ゲームアプリ広告ラットフォームAppirisの買収に続き、三ヶ所の支社が新設される。 この動きは、二年前に設立されたソウルのAPAC支社を中心に、AppLiftの同地域での存在感を拡大できると期待される。また同社は、同地域での過去十二か月の収益が三倍に昇ったことを発表した。

「AppLiftは同地域で我々のブランドを拡散及び、欧米・アジア市場において忠実なユーザー獲得してきた」と中国モバイルゲーム会社Tap4funのマーケティングディレクターLeo Zhangは述べた。「中国大陸にAppLiftが支社を持つことはとても力になり、我々のパートナーシップをより強固なものにしていきたい。」

アジア太平洋地域はすでに全世界のスマートフォンユーザーの半数以上を占めており、中国がその先駆けとなっている。eMarketerによると、APAC地域全体としてのモバイル広告費用は2015年に62.1%増加し、そのうち中国では100%、インドでは80%の成長になるとされている。さらに韓国、中国、日本、インドの合計は総額の四分の三の規模となる見込みである。これら国々に現地支社を持つことは、この地域においてAppLiftの発展及び優位的立場を確立することになり、地域の市場特性を扱う広告を実施、最終的に成長することになる。

「APAC地域におけるマーケティングは欧米とは 異なる」とAppLiftのAPAC Managing DirectorのStephen Chungは述べた。「我々は地域特性を理解し敏捷性をもって、この急成長中の市場スピードと相違点に対応しなければならない。アジア支社を2013年の5月に設立して以来、 APAC地域の驚くべき成長を目撃しており、我々はこの過去二年間で実質的なチャンスを利益に変えてきた。中国、日本、インドには既に強大な顧客が居り、既存のパートナーシップによりよいサービスそして新しいパートナーシップを築くためにも、そこに現地支社の設立は必要となる 。」

またAppLiftはBen Weinstock VP Publisher Growthとして雇い入れた。Weinstockはアドテクとモバイル業界において10年以上の経験を持ち、3つの大陸に渡るグローバル運用と戦略をサポートしてきたTel AvivのSSP(供給サイドプラットフォーム)であるInneractiveの元VP Publisher Relationsである。Benは弁護士資格を持ち、イスラエルのHerzliya総合学術センターにてグローバル経営のMBAを取得している。

「新しい市場を開拓しグローバルなビジネス関係を築くことは挑戦です。Benは全業種に渡って供給パートナー との持続的関係を育み管理する抱負な経験を持ち、我々のチームにとって強力なメンバーになると思います。彼を合流で、APACとその他すべての地域にとって、アプリ広告に必要な最善で最も幅広い質の高いトラフィックソースが保障されたも同然です。」と、AppLiftの共同創立者でCEOのTim Koschellaは述べた。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加