このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2015.9.2

ジーニー、アプリケーション向けDMP「Geniee DMP for App」を提供開始

~ウェブブラウザ向けDMPと統合し、One to Oneマーケティングを実現~

株式会社ジーニー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:工藤智昭、以下「ジーニー」)は、アプリケーション内ユーザーデータの蓄積、分析が可能となる「Geniee DMP(※1) for App」を9月1日(火)より提供開始いたします。

2015年度はタブレット端末の出荷台数がノートPCを上回ると見込まれており、ますます拡大し続けるスマートデバイス市場において、企業ではネイティブアプリケーションを活用したマーケティング活動が重要となってきております。
「Geniee DMP for App」は、アプリケーションマーケティングに必要なデータの蓄積・分析・統合や、広告配信プラットフォーム、プッシュ通知との連携に対応した、すべてのチャンネルに活用できるデータプラットフォームです。アプリビジネスの分析において重要視される「LTV(※2)最適化」に加え、ジーニーの得意とする「広告収益最適化」を可能にします。 また、既存のウェブブラウザ向けDMPと統合することでオーディエンスデータを集約しOne to Oneマーケティングを実現します。

ジーニーDMP

また、ジーニーは、株式会社ユニコン(本社:東京都渋谷区、代表取締役 :田中隆一)より、国内最大級の導入実績を持つスマートフォン向けプッシュ通知サービス「Fello(※3)」事業を2015年8月1日(土)に譲受しており、本サービスと連携することにより、アプリとユーザーの良好なエンゲージメント機会を創出し、アプリ運営者向けの総合的な広告プラットフォームを提供が可能となります。

「Geniee DMP for App」の特徴
基本KPI 計測、マネタイズ分析など、LTV 最適化の基本機能に加え、「Geniee DMP for App」 では、RPM(※4)最適化機能により、広告収益の可視化を実現します。

■広告収益の可視化
これまで企業は広告出向の際、CPI やLTV の最適化をしながら媒体社を選択していましたが、本サービスにより広告収益の可視化をすることで、ROAS(※5)を高めることができます。

■カスタム分析機能
イベントを登録すると、流通額などを可視化した広告運用が可能になります。

■ユーザーリスト機能
オーディエンスデータをセグメント化し、広告配信プラットフォームなどへのフィードが容易に行えます。

今後はウェブブラウザ向けDMP と統合し、ウェブサイトとスマートフォンアプリのオーディエンスデータを集約したOne to One マーケティングが実現できるよう、開発を進めてまい ります。

※1 DMP(Data Management Platform)とは、広告やマーケティング、メディアやユーザーの データの蓄積、統合、分析をし、
 すべてのチャネルに活用できるデータプラットフォームです。
※2 LTV(Life Time Value)顧客生涯価値
※3「Fello」は、国内最大級の導入実績(月間総配信数2 億通)と配信パフォーマンス(分速150 万通処理の高速配信)を誇る
 プッシュ通知サービスです。
※4 RPM (Revenue Per Mile) 表示回数1000 回あたりのインプレッション収益
※5 ROAS (Return On Advertising Spend) 投資した広告の費用の回収率。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加