ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2015.10.27

AOL、モバイル広告プラットフォームのミレニアル・メディアを買収(日本語版)

ミレニアル・メディアの普通株式が1株当たり現金1.75ドルで買い付けられました。公開買付は、2015年10月22日米国東部時間23時59分に締め切られました。AOLはその後、デラウェア州の一般会社法第251(h)条に従い、公開買付で買収されなかったミレニアル・メディアの残存する関係株式に関して合併を通じた買収を完了しました。その結果、ミレニアル・メディアの株式はNYSEでの取引が行われなくなり、ミレニアル・メディアは現在、AOLの完全所有子会社になっています。

公開買付の終了時点で、約114,871,644株のミレニアル・メディアの株式が公開買付のために有効に提出されて撤回されていませんでした。これは、公開買付の預託機関によれば、ミレニアル・メディアの流通発行済み株式の80.3%に相当します。預託機関によれば、これ以外にミレニアル・メディアの発行済み株式の約0.9%に相当する1,283,015株の株式に関して、引渡保証通知が送付されました。AOLはすべての有効に提出された(かつ、撤回されていない)株式に対して、対価の支払いを受諾しており、直ちに支払いを行います。

対象となるミレニアル・メディアのすべての株式のうち有効に提出されなかったものは、公開買付での支払額と同じ1株当たり1.75ドルの現金を受け取る権利に転換されました。これには利子は支払われず、適用される源泉徴収税が差し引かれます。

AOLプラットフォームズ社長のボブ・ロードは、次のように述べています。

「ミレニアル・メディアの買収は、広告主や広告会社にとって、当社の”ONE by AOL”プラットフォームがグローバルレベルでモバイル広告の機能と規模を大きく拡充し、かつアプリ開発者に最も魅力的な収益化プラットフォームを提供することになります。また、この買収により、有能なモバイルエキスパート人材が当社に加わり、その多くはAOLプラットフォームズで中心的職務を担います。」

ミレニアル・メディアの9人の幹部がAOLプラットフォームズの技術、営業、製品、運営部門でマネジメントポジションに就きます。

release20151026_aol_mm

【 米国AOLについて 】

AOLは、文化とプログラムを構築する(Culture & Code)世界最高の企業を活用して消費者とクリエイターのためにインターネットを簡素化するという使命を持つメディアテクノロジーカンパニーです。最大級のオンライン企業として、その優良ブランドの消費者が世界で毎月3億5000万人以上に上るAOLは、その世界的なプログラム式コンテンツ・広告プラットフォーム上でサイト運営者と広告主をつなぐことで、コンテンツの作成、配信、消費、収益化の革新の中心に立っています。AOLは、今後数十年間のデジタルでつながる世界の未来を形作ることに寄与してまいります。AOLはベライゾンの子会社です。

【 ミレニアル・メディアについて 】

ミレニアル・メディア(NYSE:MM)は、大手独立系モバイル広告市場として、世界のトップブランド、アプリ開発者、モバイル・ウェブサイト運営者のためにモバイルを簡単にしています。そのユニークなデータ・技術資産により、広告クライアントがターゲットの視聴者と大規模につながれるようにしています。ミレニアル・メディアは、サイト運営者と開発者のパートナーをネットワーク、広告主、RTBエクスチェンジにつなげることで、その収益化も促進しています。詳細については、www.millennialmedia.comをご覧ください。

【 AOLプラットフォームズ・ジャパン株式会社 会社概要 】

AOLプラットフォームズ・ジャパンは、アドテクノロジー分野のリーディングカンパニーとして、日本のオンライン広告業界に革新をもたらす世界最先端のオンライン広告サービスを多くの広告主、広告会社、媒体社の皆様に提供しております。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加