ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2016.1.14

CyberZ、「F.O.X」が「Apple TV」内のアクション計測に対応

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード 4751)の連結子会社である株式会社CyberZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山内隆裕)は、提供するスマートフォン広告向けソリューションツール「Force Operation X」(以下、「F.O.X」)において、「Apple TV」内のユーザーアクション計測に対応いたしました。

当社の提供する「F.O.X」は、2011年2月に国内で初めてスマートフォンアプリ向け広告効果計測を実現し、現在では、広告主導入タイトル数は全世界4,000アプリを突破しております。このたび新たに、「Apple TV」向けに開発されたアプリケーション経由のユーザーにおけるインストール・LTV(※1)計測およびアクセス解析が可能になりました。また、本対応により「F.O.X」を実装頂くことで、スマートデバイスのみならず「Apple TV」の計測が1SDKで可能となります。

当社は企業のスマートフォンプロモーションを中心とした問題解決や効果向上への寄与を目指すとともに、今後、広告主の需要が拡大すると想定されるデバイスを超えたアプリケーション向け広告効果の最適化に努めてまいります。

※1 LTV(Life Time Value)とは、課金・会員登録などユーザーのアクション累積のことを示します。

■ 株式会社CyberZについて
スマートフォンに特化した広告マーケティング会社として2009年に設立しました。サンフランシスコ、韓国、台湾支社をはじめ全世界対応で広告主のマーケティング支援をしております。当社が提供するスマートフォン広告ソリューションツール「Force Operation X」は、2011年2月に国内で初めてスマホアプリ向け広告効果計測を実現し、Facebook社の「Facebook Marketing Partners」や、Twitter社公式プログラム「Twitter Official Partners」に認定されております。また、メディア事業においてはゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」を運営しており、2015年からe-Sports大会「RAGE」を日本国内にて運営いたします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加