• 2020/07/02

LINE、LINE上で企業のオウンドサービスを展開できる「LINEミニアプリ」を提供開始

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、当社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上で企業が自社サービスを展開できるウェブアプリケーション「LINEミニアプリ」のエントリー受け付けを本日より開始いたしますので、お知らせいたします。


  • 2020/07/01

「NAVERまとめ」が2020年9月30日で終了

LINEは、まとめサービスである「NAVERまとめ」を2020年9月30日をもってサービスを終了することを発表しました。サービス環境・市場環境の変化による単独サービスとしての今後の成長性や、LINEグループ全体での選択と集中の観点などをふまえて検討した結果、今回の決断に至ったとしています。


  • 2020/06/30

LINE、AWSを活用したDXを支援する「LINE DX Program with AWS」の提供を開始

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、企業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)実現支援の加速を目的とし、アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社(以下、AWS)とAWSのパートナー企業の支援のもと「LINE DX Program with AWS」の提供を開始いたしますので、お知らせいたします。



  • 2020/06/27

SSP「fluct」、スマホアプリ向け動画リワード広告にて「LINE広告ネットワーク」とメディエーション接続開始

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、広告配信プラットフォーム事業を展開する株式会社fluct(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:望月)は、運営するSSP「fluct」( https://corp.fluct.jp/service/publisher/ssp/ )のスマートフォンアプリ向け動画リワード広告において、新たにアドネットワーク「LINE広告ネットワーク」(https://www.linebiz.com/lp/line-ads-network/)と連携いたしました。これにより、SSP「fluct」経由での動画リワード広告配信量が拡充され、SSP「fluct」提携メデ … Continue Reading →


  • 2020/06/16

メタップスワン、データフィードサービス「BFP」が「LINEショッピング」と連携を開始

株式会社メタップスワン(本社:東京都港区、代表取締役社長:高木誠司、以下メタップスワン)が提供するデータフィードサービス「BFP」はLINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)が運営する総合ショッピングサービス「LINEショッピング」に対応いたしました。 ​


  • 2020/06/03

LINE広告、新たに「LINEチラシ」での広告配信を開始

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」および「LINE」関連サービスを対象とした運用型広告配信プラットフォーム「LINE広告(旧 LINE Ads Platform)」において、新たに「LINEチラシ」上での広告配信を開始いたしましたので、お知らせいたします。


  • 2020/05/29

サイバーエージェント、LINE公式アカウントの新料金形態合わせた運用ソリューション「Message Optimizer for LINE」の開発・提供を開始

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)はインターネット広告事業において、LINE公式アカウントの新料金形態に合わせた運用ソリューション「Message Optimizer for LINE」を独自開発し、提供を開始したことをお知らせいたします。


  • 2020/05/15

LINE、「LINEチラシ」の取り扱いパートナーを拡大

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、当社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」を活用した、スマートフォンに最適化したデジタルチラシサービス「LINEチラシ」において、取り扱いパートナーを拡大いたしますので、お知らせいたします。



  • 2020/05/14

ニールセン、デジタル広告視聴率の計測対象にLINEを追加

視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)が提供する動画広告「Talk Head View」および運用型広告「LINE広告」の「リーチ&フリークエンシー」と「ファーストビュー」がデジタル広告の視聴者属性別リーチ計測の業界標準であるニールセン デジタル広告視聴率(Nielsen Digital Ad Ratings: DAR)に対応し、計測対象となったことを発表しました。


  • 2020/04/27

LINE・TikTok・Facebook・Twitter、「一般社団法人ソーシャルメディア利用環境整備機構」を設立

ByteDance株式会社、Facebook Japan株式会社、LINE株式会社、Twitter Japan株式会社を中心とした、SNS等のコミュニケーションサービスやアプリなどを展開するネット事業者は、SNS等における児童被害をはじめとした様々なソーシャルメディア上の課題への対応を加速し、取り組みを強化するため、新たに「一般社団法人ソーシャルメディア利用環境整備機構」を設立しましたのでお知らせいたします。


  • 2020/04/22

「note」利用者の約9割に課金経験・20代女性は「LINE BLOG」が人気【ジャストシステム調査】

株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2020年3月度)』の結果を発表します。本調査は、17歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。 また、集計データとしてまとめた全72ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供 … Continue Reading →