このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

セルフサーブ型広告とは?


Google AdWords(現在のGoogle Ad)が先駆けとなった企業のマーケティング担当が自ら簡単に広告の配信設定や管理ができるプラットフォームです。

Googleの他にはFacebook、TwitterなどもそれぞれのSNSのユーザーやそのオーディエンスデータに広告を配信できるプラットフォームとしてセルフサーブ型の広告配信プラットフォームを提供しています。国内ではLINEが提供している「LINE Ads Platform」などが有名です。

従来は企業のマーケティング担当は広告代理店などを通じて、専用の広告配信プラットフォームから配信を依頼する必要があったため、工数や中間マージンの削減などが期待されることから、近年注目を集めています。

そのため、事業会社は自社で広告配信プラットフォームを管理できる人材が必要になったことから「インハウスマーケター」と呼ばれる人材の中には、このような広告配信プラットフォームを運用する人材も含まれるようになりました。

デジタルマーケティング知識をさらに詳しく学ぶには?

デジタルマーケティング領域で未経験からでも現場で使える実践的なスキルを習得できるサービスでは「デジプロ」がおすすめです。動画とパーソナルサポートで、多くの知識や実践的なスキルを身につけることができます。
複雑なデジタルマーケティング用語も約2ヶ月の受講でマスター出来るようになります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加