ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2016.5.26

DAC、AD-Visor®の後継となる統合メディアプランニング支援システム「XmediaOne」を開発

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:矢嶋弘毅、東証JASDAQ 証券コード:4281、以下 DAC)は、枠売り広告+運用型広告のハイブリッドメディアプランニングを支援する統合プラットフォームとして「XmediaOne」を開発いたしましたので、お知らせします。国内約40社にご利用いただいている「AD-Visor® NEXT」(※1)の後継として今夏より順次サービス展開してまいります。

「XmediaOne」のコンセプト

 スマートフォンの普及やIoTの進展によるデバイスの多様化にともなってインターネット広告が複雑化し続ける中、メディアプランニングをはじめとするインターネット広告業務の全てのプロセスにおいて、膨大な量のビッグデータの活用が必要不可欠となっています。そのような状況のもと、DACでは「XmediaOne」をデジタルマーケティングのハブとなる新たなプラットフォームとして位置付け、開発を進めてきました。
xmediaone

「XmediaOne」の特徴

 従来の広告枠取引に加え、ソーシャルメディア広告、DSP、リスティング広告等の運用型広告の拡大に伴い、オーディエンスデータの重要性がより高まっています。また、ネイティブ広告、インリード広告、インフィード広告等フォーマットが複雑化することで、広告効果指標も多様化しています。このため、企業のデジタルマーケティングにおいては、広告のパフォーマンスをリアルタイムに捕捉し、枠売り広告と運用型広告の予算配分の最適化とPDCAサイクルを効率よく回していくことが必須となります。そこでDACは、従来のメディアプランニング支援システムである「AD-Visor® NEXT」を大幅に進化させ、3PAS(第三者配信)機能を有する「EffectiveOne(※2)」、オーディエンスデータを保有する「AudienceOne®(※3)」といった各プラットフォームと連携した新たな統合プラットフォームとして「XmediaOne」を開発いたしました。

 国内随一のメディアプランニングシステムである「AD-Visor® NEXT」が持つ約2,000サイト/15,000メニューのメディアデータベースを基に、配信データ/オーディエンスデータと連動したダッシュボード機能等を追加した統合メディアプランニングシステムとして下記の主な機能を順次提供してまいります。

xmediaone

XmediaOneが新たに提供する機能

●ビューアビリティ計測にも対応する統合ダッシュボード
 配信システムや各メディアから提供されるレポートと連動することで、枠売り広告、運用型広告の実績を一元的に把握することができるダッシュボード機能を提供し、ビューアビリティ(※4)等新たな効果指標の計測にも随時対応します。
●ハイブリッドプランニング支援
 現「AD-Visor® NEXT」 が有する予測機能を発展させ、キャンペーンの目的(ブランディング/ダイレクトレスポンス)に即した枠売り広告と運用型広告の最適な予算配分を支援しま す。また、ユーザーの可視化や商材とメディアの親和性分析に基づいた広告メニュー選定などの機能拡張を行います。
●プライベートマーケットプレイス(PMP)取引対応
 プレミアムな広告在庫取引を自動化し、一元管理します。媒体社より登録された商品を選択し、単価等を媒体社と個別に交渉することが可能となります。交渉成立後は「MarketOne®(※5)」をはじめ各DSPへ自動的に連携します。(※6)

 本サービスにより、広告会社のプランニングからレポーティングまでの一連のオペレーションにおいて、枠売り広告と運用型広告を跨いだハイブリッドで効率的な運用を可能とします。

 DACは今後も、高度なメディアプランニングならびに円滑な広告運用を実施できる環境を整えるべく、ビッグデータを活用したソリューション開発・強化に取り組んでまいります。

(※1)AD-Visor® NEXTについて:DACが広告会社向けに独自開発したメディアプランニングシステム。約2,000サイト/15,000メニューの最新情報を保持し、プラン作成および評価、サイト・掲載面分析機能等を提供。

(※2)EffectiveOneについて:3PAS(第三者配信)を利用することによる、キャンペーン全体でのリーチ、フリークエンシー等横断的な広告効果を測定。

(※3)AudienceOne®について:広告配信結果、ソーシャルメディア、提携企 業の3rd Partyデータ等を収集・解析し、見込顧客の発見や既存顧客のロイヤルカスタマー化等の様々なマーケティング施策に活用できる、DMP(データ・マネジメント・ プラットフォーム)として4.5億ユニークブラウザ、1兆レコードを超える国内最大級のデータ量を保有。

(※4)米国の標準化団体Media Rating Councilの定義によると、ディスプレイ広告の面積の50%以上が1秒以上表示された状態をViewableとしている。動画広告では広告の面積の50%以上が2秒以上表示された状態を指す。

(※5)MarketOne®について:2009年からサービスを行う国内で最も歴史のあるDSP(デマンド・サイド・プラットフォーム)。マルチデバイス・マルチフォーマットに対応し、ブランド・ダイレクト全ての広告主に対する機能を揃える。

(※6)自動連携が可能なDSPを順次拡大予定。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加