ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2016.6.7

エキサイト、広告ノウハウを他媒体に展開「Excite Publisher Trading Desk」を開始

エキサイト PTD

エキサイト株式会社は、月間30億インプレッション(imps)を保有するエキサイトサービスの広告運用知見を活かし、他社媒体の広告収益を最大化するサービス「ExcitePublisher Trading Desk(エキサイトパブリッシャートレーディングデスク以下、Excite PTD)」を、2016年6月7日(火)にリリースいたします。同時に、マネタイズの方法や媒体側のアドテクノロジーについての最新情報を発信するブログ( http://blog.excite.co.jp/exciteptd/ )を開始します。


Excite PTDは、エキサイトがパートナーサイトの広告枠をより最適な形でマネタイズするサービスです。エキサイトが自社サービスで実施した成功事例をもとに、ユーザビリティ、回遊性を加味した、メディアならではの視点で運営することで、収益拡大に貢献します。

Excite PTDスタートの背景

近年、web広告では常に進化するアドテクノロジーや多様な広告フォーマットが生まれ、最新のアドテクノロジーを駆使したメディア運営力が必須となっています。一方で、広告がユーザーに与える影響は大きく、UX(ユーザエクスペリエンス)を尊重しないような収益だけを優先した広告管理をすれば、ユーザビリティに欠けたメディアとなり収益減に繋がりかねません。このように、メディアは常に収益化とユーザビリティの両面を考えた判断を求められています。

エキサイトPTDの特徴

エキサイトが運営しているニュースメディア、ブログ、翻訳など、さまざまなWebサービスは、それぞれ広告マネタイズの特徴が異なります。そこで、Excite PTDでは、これらのサービスで実施した既存広告枠の収益最大化、新しいアドテクノロジーを取り入れた効果、新規フォーマット実施による収益化とユーザーへの影響度などのノウハウをパートナーサイトへ展開します。

これまでの実績

エキサイトの主要サービスでは、2015年度のスマートデバイスでのRPM(1,000imps当りの収益性)が平均して約2倍に向上しています。

今後の展開

今後は、よりユーザーにマッチしたコンテンツを提供するレコメンドエンジン「wisteria」(ウィステリア)もパートナーサイトへ展開します。パートナーサイトでのユーザー回遊性・利便性の向上と収益化を実現して、日本のメディア市場の拡大に貢献してまいります。

参考:
PTD(パブリッシャートレーディングデスク)とは


  • このエントリーをはてなブックマークに追加