ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2016.6.20

ソネット・メディア・ネットワークス「Logicad ダイナミッククリエイティブ」、カゴ落ち対策ツール「カートリカバリー」への連携を開始

logicad

カゴ落ち対策ツール「カートリカバリー」は、ソネット・メディア・ネットワークス株式会社が提供する『Logicad ダイナミッククリエイティブ』への広告配信の提供を2016年6月20日より開始しました。 メールアドレスを取得できないカゴ落ちユーザーに、「お買い忘れありませんか?」などのメッセージと、商品を自動生成し、広告配信をおこなうことが可能になりました。

“おもてなしを科学する”株式会社イー・エージェンシー(東京都千代田区、代表取締役:甲斐真樹)のカゴ落ち対策ツール「カートリカバリー」は、ソネット・メディア・ネットワークス株式会社が提供する『Logicad ダイナミッククリエイティブ』への広告配信の提供を2016年6月20日より開始しました。

ECサイトでカゴ落ちしているユーザーの内、メール配信が可能な「会員ユーザー」は全体の3割程に留まっています。実は、残りの7割ものカゴ落ちしているユーザーはメールアドレスが取得できず、メールだけではアプローチができないカゴ落ちユーザーです。

この課題を解決するのが、カートリカバリーの『リマーケティング広告機能(*)』です。

メールアドレスを取得できないカゴ落ちユーザーに、「お買い忘れありませんか?」などのメッセージと、商品を自動生成し、広告配信をおこなうことが可能になりました。もちろん、メールアドレスが取得できるユーザーにも同様のアプローチが可能です。

最大の特長は、「カゴ落ちメール」と「カゴ落ちリマーケティング広告」のどちらか一方でコンバージョンに至ったユーザーを配信対象から除外できます。
たとえば、カゴ落ちユーザーが「メール」でコンバージョンした場合、自動的に「リマーケティング広告」の配信を停止します。

この仕組みを使えば、購入したユーザーに無駄な広告配信がされないため、無駄遣いを減らすことができます。結果CPAを下げることが可能です。

今回の『Logicad ダイナミッククリエイティブ』への連携で、カートリカバリーは『Logicad』が提携する広告ネットワークへ、リマーケティング広告を用いた配信を行うことができます。
『カートリカバリー』と『Logicad ダイナミッククリエイティブ』で、カゴ落ちユーザーにメールとリマーケティング広告のハイブリッドでアプローチし機会損失を最小化します。

今後も当社では、本サービスにおけるさまざまなDSPへの適用を拡大するとともに、さらなる広告効果の向上を目指します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加