ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2016.7.4

ロカリサーチ、縦型フルスクリーンのスマホ動画広告フォーマット「Backdrop」を提供開始

動画広告配信プラットフォームを提供するロカリサーチ株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:伊藤直也、以下「ロカリサーチ」)は、ブランディングに適した縦型フルスクリーンのモバイル動画広告フォーマット「Backdrop(バックドロップ)」の提供を2016年7月4日に開始しました。


また同時に、モバイルWEBブラウザ上で低容量・高画質の動画ファイルをインライン自動再生する技術を開発し特許出願をしたことをお知らせします。

Backdropの挙動

モバイルWEBブラウザのコンテンツ背後に縦型動画広告を配信すると同時に、コンテンツとコンテンツの間に透過窓を配信し、ユーザーがブラウザをスクロールすることにより、透過窓ごしに、コンテンツ背後の動画広告が姿を現し、音声オフの状態で自動再生されます。

ロカリサーチ

【(1)】モバイルWEBブラウザで表示されるコンテンツの背後に縦型動画広告を配信し、コンテンツとコンテンツの間に透過窓を配信することで、透過窓越しに、背後の縦型動画を見ることができます。
【(2)~(3)】ユーザーのスクロールアップにより、透過窓の表示領域(=動画領域)70%以上が表示された時点で、自動的に透過窓の領域がフル画面となり、ブラウザ内で縦型動画がインライン再生されます。
【(4)】ユーザーがさらにスクロールアップをすることで、コンテンツの続きが表示され、透過窓の表示領域が70%以下になると動画再生が自動停止します。

BackdropのデモページURL

http://lokaplatform.com/products/scene/gallery/#backdrop

※動作端末: iOS8以上のSafari、Android Chrome

新たに開発した動画再生技術(特許出願中)

ロカリサーチが開発したインライン動画再生技術は、従来のインライン動画再生技術と以下の点が異なります。 従来のインライン動画再生技術とデメリット 現在の主要なモバイルWEBブラウザでは動画ファイルを自動再生することできない仕様になっています。そのため、動画広告の配信ベンダー各社は、MP4などの動画ファイルの各シーンを静止画像に変換して、その静止画像を連続表示することでインライン自動再生を実現しています。しかし、この方法では、動画圧縮の効果が得られないため、同等の画質に対して比較的転送量が多くなってしまいます。また動画サイズが大きいほど、閲覧環境のリソースに大きな負担を強いるデメリットがありました。 新たに開発した動画再生技術 MP4などの動画ファイルを静止画像に変換することなく、そのままインラインで再生します。これはモバイルWEBブラウザの動画再生機能を利用しています。

利用方法

Backdropは、ロカリサーチの動画配信プラットフォーム「SCENE(シーン)」に広告フォーマットテンプレートとして実装されています。SCENEご利用者様は、どなたでも数分程度で、簡単に、Backdropを作成し、配信することが可能です。また、サイト運営者様は、DFP(DoubleClick for Publishers)など主要アドサーバーを通じて配信することも可能です。
SCENEのサイト:http://lokaplatform.com/products/scene/

今後のサービス展開について

大手サイト運営者様と共同で、Backdropを利用した広告商品を開発し、媒体社様の収益向上に貢献をしてまいります。また、BadkdropはVASTでの入稿も可能とし、SSP/アドエクスチェンジベンダー各社と連携することで、プログラマティック販売による収益機会をご提供していく予定です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加