ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2017.1.31

PubMatic、2016年度決算を発表 -10年の歴史の中で最高水準-

オープンなデジタルメディア業界向けのオートメーション・ソリューション企業のPubMaticは本日、2016年度決算が10年の歴史の中で最高水準の売上高、利益、フリーキャッシュフロー実績を記録し、調整後EBITDA(金利・税金・償却前利益)マージンが30%を上回ったと発表しました。PubMaticは昨年、4年連続で営業利益を達成し(調整後EBITDAに基づく)、当社のフルタイム従業員(FTE)当たりの営業利益は広告技術分野でトップクラスとなっています。当社の強力な業績の主な牽引役には、ヘッダー入札の採用増加、モバイル・動画収益化の増加、PubMaticの顧客満足度に対する取り組みの刷新が含まれます。


PubMaticは、2012年にヘッダー入札技術を世界規模で導入し、これが現在PubMaticの利用可能なすべてのインプレッションの75%以上を占めています。PubMaticのヘッダー入札技術を利用するパブリッシャーは、その多くがCPMの50%以上の増加を実現しています。最近公表された2016年四半期モバイル指数(QMI)によれば、プライベート・マーケットプレイスやヘッダー入札などの高度なモバイル収益化戦略により、PubMaticの平均的なモバイルeCPMがモバイルウェブで前年比30%以上増加し、モバイルアプリで16%増加しました。PubMaticのインプレッションの75%がモバイル機器経由で実現する中で、当社は2016年第4四半期にマーケティング企業の25%以上について動画を上回る支出を勝ち取りました。

PubMatic共同創業者のラジーブ・ゴエル最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「当社がセルサイドのデジタルメディアの実行に焦点を当てることで、パブリッシャーやアプリ開発企業は広告意思決定を管理できるようになります。ヘッダー入札とそれに対応するラッパー技術により、買い手と競争力のあるCPMへのアクセス向上を通じて需要の価値が最大化します。当社がユニファイド・アドサーバー技術を導入し、プログラム式や直接販売のチャネルがオーディエンスへのリアルタイム・アクセスで競争できるようにする中で、パブリッシャーが自社の資産の管理能力を取り戻す戦略がさらにサポートされます。」

PubMaticは、2015年後半にプレミアムパブリッシャーへのサービス提供に向けて戦略をシフトし、顧客満足度に対する取り組みを刷新しました。それには、企業の顧客関係の忠誠心を測定するために使用する管理ツールである四半期ごとのネット・プロモーター・スコア(NPS)調査が含まれます。Inaveroによれば、2016年を通じてPubMaticの結果は順調に向上し、第4四半期のパブリッシャーの結果では、すべてのB2Bサービスプロバイダーのカテゴリーで基準を上回るNPSスコアが示されました。

2016年下半期に、PubMaticは包括的な売上管理プラットフォームのSEVENを公表しました。これにより、パブリッシャーは自社のデジタル資産を完全に管理できるようになり、メディアバイヤーは検証済みのオーディエンスとプレミアム在庫をあらゆるスクリーン、チャネル、フォーマットで大規模に購入する能力を獲得します。SEVENの投入の一環として、PubMaticはユニファイド・アドサーバーとOpenWrapを導入しました。これにより、当社のエンタープライズグレードのラッパーソリューションのオープンソースに力を与えるラッパータグが作成され、デジタル広告エコシステムで透明性と公正性を促進・サポートするPubMaticの取り組みが継続されます。PubMaticのOpenWrapとユニファイド・アドサーバーは、ヘッダー入札が急速に普及した後のパブリッシャーの広告意思決定の進化における次のステップを示しています。

過去1年間に、PubMaticはいくつかの新たな提携を世界中で確立しました。グリューナー+ヤール e|MS、テンセント・オンライン・メディア・グループ、ヘムネット、ウェブ・フィナンシャル・グループ、プロクサマ、メディエコンパニエト・アダプトなどと新規の提携や関係拡大を行いました。PubMaticは、パブリッシャー・マネタイゼーション研究会と連携し、PubMaticのSEVENを介してブランドがプライベート・マーケットプレイスの在庫に独占的にアクセスできるようにする日本と世界のパブリッシャーの団体であるジャパン・パブリッシャー・アライアンス・オン・デジタル(J-PAD)も立ち上げました。

2016年に、PubMaticは売上高を2012年から236パーセント成長させたことが評価され、5年連続でデロイトのテクノロジーFast 500に選ばれました。

PubMaticの売上管理プラットフォームのSEVEN、ユニファイド・アドサーバー、当社の他のソリューションの詳細については、www.pubmatic.comをご覧ください。

PubMatic(パブマティック)について

PubMaticは、オープンなデジタルメディア業界にオートメーション・ソリューションを提供する企業です。あらゆるチャネルに対応し売上の向上を支援するプラットフォームをパブリッシャーにもたらし、メディアバイヤーにはハイレベルなプログラマティックツールを提供し、PubMaticのパブリッシャーファーストなアプローチは広告主に大規模なプレミアな在庫へのアクセスを実現します。月1兆近いアドインプレッションを処理するPubMaticはグローバルなインフラストラクチャーを形成し、消費者、パブリッシャー、広告主間における効果的なコネクションを活性化します。2006年の創設以来PubMaticは、データとテクノロジーのイノベーションに注力しプログラマティック広告の成長を牽引してきました。PubMaticは米カリフォルニア州レッドウッドシティに本社を置き、世界各国にある11支社と6つのデータセンターを運営しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加