ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2018.3.6

Ptmindの「Ptengine」、ロックオンの「アドエビス」と連携

アドエビス

株式会社Ptmind(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:鄭 遠)はヒートマップ付きアクセス解析ツール「Ptengine」と株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役:岩田 進)のマーケティングプラットフォーム「アドエビス」の連携を2018年3月6日より開始することを発表します。


サイト改善はABテストツールの普及にともない、広告の費用対効果の最大化において重要な取り組みとなっています。その中でPtengineはページ内でのユーザーの行動をヒートマップで可視化することで、サイトの課題の抽出および仮説立てができるようになり、サイト改善を通した広告の費用対効果最大化に寄与しております。
 しかしながら広告効果測定ツールとPtengineとの連携ができていないことから、広告流入毎の費用対効果の数値と絡めたヒートマップ分析が行いづらくなり、アクセスログ側だけでのヒートマップ分析となっているケースが多くありました。本来であればニーズを喚起する広告と遷移先であるWEBサイトの内容にミスマッチがないよう広告とWEBサイトを作成、評価、改善する必要があります。

 今回、アドエビスが保有する計測データを「Ptengine」へ連携することで、広告接触からWEBサイトのコンテンツ閲覧に至るまでのユーザー行動を施策に紐づけて評価・検証できるようになります。特定の広告から流入したユーザーを対象に、ヒートマップを用いてレポートを行うことができるため、訴求内容や配信対象の違いによるページ閲覧状況や離脱ポイントの発見が可能となります。
 これにより、広告の接触情報とWEBサイトの閲覧状況を分離すること無く、一気通貫したユーザーコミュニケーションの最適化を実現します。

アドエビス

「Ptengine」について

ユーザーの行動をサーモグラフィで見える化したヒートマップ機能が付いたアクセス解析ツール。リアルタイム分析、マルチデバイス対応、イベントトラッキング機能等、分析を加速させる様々な機能を搭載。
サービスサイト:https://www.ptengine.jp

アドエビスについて

「アドエビス」は、顕在層向け施策である、刈り取り型の広告の効果測定はもちろん、潜在層向け施策であるコンテンツマーケティングや動画広告等、マス媒体であるテレビCMに至るまで、あらゆるマーケティングにおけるユーザー接触ログデータを蓄積することができます。蓄積したログデータを用いることにより、マーケティングにおけるパフォーマンス最大化のための仮説立て・予算最適化・検証を行うマーケティングプラットフォームです。
サービスサイト:https://www.ebis.ne.jp/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加