このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.2.17

シルバーエッグ・テクノロジーのレコメンドサービスが、フィードフォースのデータフィード管理ツール「dfplus.io」に対応

AI技術をベースにしたデジタルマーケティングサービスの開発・提供を行うシルバーエッグ・テクノロジー株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長&CEO:トーマス・フォーリー、東証マザーズ:3961、以下 シルバーエッグ社)は、株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下 フィードフォース社)が提供するマーケティング・広告運用チームのためのデータフィード管理ツール「dfplus.io」に、シルバーエッグ社の提供するAI搭載レコメンドサービス 「アイジェント・レコメンダー」と「アイジェント・レコガゾウ」を正式対応させ、サービスの提供を開始いたしました。

今回の正式対応により、EC事業者などの企業が持つ商品(アイテム)データを dfplus.ioを介して簡単にアイジェントにフィードすることができるようになります。企業は「アイジェント・レコメンダー」「アイジェント・レコガゾウ」の導入工数を削減できるほか、運用フェーズにおいても最新の商品情報を簡単にアイジェントと同期させ、精度の高いレコメンドを顧客に提供できるようになります。

dfplus.io

「dfplus.io」正式対応の背景と効果

シルバーエッグ社のレコメンドサービスは、ECサイトなどのユーザーがサイト内でどんなアイテムを閲覧し、購入したかをもとに、AIが高い精度でレコメンドアイテムを予測・提示します。そのためには企業の持つアイテムマスターデータの、レコメンドサービスに対する正確かつコンスタントな登録が欠かせません。この工数の削減は特にユーザー企業からの要望が多く、今回の対応に至りました。

今回の正式対応により、これまで企業ごとの個別設定が必要だったアイテムデータの変換・登録作業が、「dfplus.io」の標準データフィード機能を介することで簡素化されます。レコメンドサービス導入からAIによる学習の開始までの時間・工数が削減され、企業はいちはやくレコメンドサービスを顧客に提供できるようになります。また、運用フェーズにおいてもアイテムのフィードフローを定型化し、最新アイテムをレコメンド表示するための工数を削減できます。

シルバーエッグ社は、今後もフィードフォース社や様々なパートナー企業との連携を通じ、より多くの事業者が、多様なチャネルでAIベースのリアルタイム・レコメンドサービスを活用し、カスタマー・ライフタイムバリューの最大化を実現できるよう努めてまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加