• 2020/01/20

リモートマーケチームのデジマール、データフィード作成サービスを開始

デジマール株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役:細田 和宏 以下「デジマール」)は、ダイナミック広告やショッピング広告に必要となるデータフィードの作成を代行するサービス「フィードマール(feedmarl)」を提供開始しました。


  • 2020/01/08

越境EC支援サービスのジグザグ、鈴木 賢氏が取締役に就任

株式会社ジグザグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:仲里一義、以下ジグザグ)は、2020年1月6日開催の臨時株主総会において、新任取締役として鈴木賢氏が選出され、1月6日付けで就任が決定したことをお知らせします。


  • 2020/01/06

ウォルマート、セルフ配信型広告プラットフォームをリリース 〜Amazonへ対抗〜

米大手スーパーマーケットグループのウォルマートは、同社のECサイト上にAPIを通じて広告を配信することができるセルフ配信型の広告プラットフォームをリリースしました。



  • 2019/12/23

TikTok、EC機能のアップデートでフィード内に類似または関連商品を閲覧可能に

36krに報道によると、ユーザが広告をクリックした後、1つの商品だけでなく、フィード内に類似または関連商品を閲覧できるようになったそうです。 アップデート前は広告をクリック後、1つの商品しか表示されなかったのですが、動画下部にある商品広告をクリックすると、類似または関連商品の広告を含む動画で構成されるフィードに移動する仕様にアップデートされました。 TikTokを運営するBytedanceは、中国のデジタル広告市場で2番目に大きなシェアを獲得しており、今後もTikTok内の広告の仕様が進化していくと考えられます。


  • 2019/12/04

オプト、ecbeingと提携しEC分野のマーケティングを強化

デジタルシフトをリードする Innovation Agency 株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:金澤 大輔、以下オプト)は、株式会社ecbeing(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:林 雅也、以下ecbeing)と業務提携しましたので、お知らせいたします。


  • 2019/12/02

電通と電通イージス・ネットワーク、新しい消費フレームワークの開発と中国の有力EC運営会社「Leqee」と業務提携

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)と電通イージス・ネットワークは、日本と中国の企業が抱える日本・中国ハイブリッド市場のマーケティング課題にクロスボーダーで対応していくグループ横断組織「Dentsu China Xover Center」(略称「Dentsu CXC(デンツウ シー・バイ・シー)」https://cxc-dentsu.com)が中心となり、グループ各社との連携の下、以下の2点により統合ソリューションを強化します。


  • 2019/11/27

オプト、EC事業向けのデータフィード管理パッケージを提供開始

デジタルシフトをリードするInnovation Agency株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:金澤 大輔、以下オプト)が提供するデータフィードマネジメントツール「Feed Terminal(※1)」は、EC事業向けのデータフィード管理パッケージの提供を開始しました。


  • 2019/11/01

Instagram、ショッピング投稿を広告として配信する機能をすベてのビジネスに提供開始

Instagramは10月31日、今週からすベてのビジネスが既存のショッピング投稿を広告として配信できるようになったことを発表しました。この機能は、Instagramにおけるショッピング分野の継続的な投資の一環として、今年9月より一部のビジネスを対象にテストしていたものです。今後は日本を含むすべての国と地域において、ショッピング機能を利用しているビジネスであれば、アドマネージャを使うことで、ショッピング投稿をフィード広告として配信可能です。



  • 2019/10/17

電通、中国のECエージェンシー「EBP社」買収

株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博、資本金:746億981万円)は、海外本社「電通イージス・ネットワーク」※を通じて、中国のEコマースエージェンシー「Shanghai EBP Internet Technology Co. Ltd.」(本社:上海市、Founder & CEO:Frank Xu、以下「EBP社」)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意しました。


  • 2019/09/13

Repro、minneとAIによるパーソナライズした情報発信を目的とした実証実験を開始

世界59か国6,500以上の導入実績を持つCE(Customer Engagement)Platform Reproを提供するRepro(リプロ)株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:平田 祐介、以下、当社)のAI・機械学習を活用した機能の研究開発チーム「Repro AI Labs」は、GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐藤 健太郎)が運営する国内最大*¹のハンドメイドマーケット「minne(ミンネ) byGMOペパボ(以下、minne)」とともにAIを活用した実証実験プロジェクトを開始したことをお知らせいたします。