このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.4.1

CyberZ、SaaS事業会社向け新メニュー「Optimized Taxi ADパッケージ」を提供開始

Saas

株式会社CyberZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山内隆裕)は、SaaS事業会社向け新メニュー「Optimized Taxi ADパッケージ」の提供を開始いたしました。


当社では2020年3月にSaaS領域に特化したマーケティング組織「SaaSマーケティング戦略室」を設立し、SaaS事業会社の課題を解決する広告メニューの提供、及びマーケティング支援をおこなっております。

SaaS領域においては、そのほとんどがBtoBサービスであるという特性から、ビジネスパーソンをターゲットにした認知施策が広告出稿の主軸となっていますが、詳細なターゲット層やクリエイティブを十分に検証できない点に課題を感じているというご相談を頂くことが増えてまいりました。

タクシー広告においても、タクシーの利用頻度が高いビジネスパーソンへのリーチを目的とした、サイネージへの広告出稿が一般化しておりますが、明確な広告効果測定が困難であることに加え、出稿コストが安価ではないことから、十分な検証ができない点に課題を持つ広告主様も少なくありません。

上記の背景を踏まえ、当社では、設立当初からデジタル広告を運用してきたCyberZ、およびサイバーエージェントの持つ運用ノウハウを最大限に活用し、徹底的な事前検証をおこなうことで、タクシー広告における広告効果の最大化を図る新パッケージの提供を開始いたします。

■メニュー概要「Optimized Taxi ADパッケージ」
本メニューでは、広告効果が見込めるターゲットや訴求軸を事前に明確にするために、デジタル広告を用いた検証配信をおこない、広告効果の高いクリエイティブをタクシーに展開することが可能となります。リーチしたいターゲット層にはどのような訴求軸、デザインのクリエイティブが受け入れられやすいのかを明確化したうえでタクシー広告を出稿するため、コストパフォーマンスの良さと、PDCAサイクルの効率化が実現可能となります。

スマートフォン黎明期からデジタル広告配信の運用にて培ってきた、高精度な運用・分析ノウハウと、クリエイティブの制作体制を活かし、無駄のない検証配信をご提供いたします。また、検証用クリエイティブは無償提供となりますので、新しい構成や訴求軸をお試し頂く場としてもご活用頂けます。
※詳細はお問い合わせください。

「SaaSマーケティング戦略室」では、SaaSに適した広告メニューの開発、及びマーケティング手法のご提案に力を入れて取り組んでまいります。

■CyberZについて http://cyber-z.co.jp/
スマートフォンに特化した広告マーケティング会社として2009年に設立しました。スマートフォン広告における運用・効果検証、交通広告やウェブCMの制作など、幅広いマーケティング事業を展開。日本に加えて、サンフランシスコ、韓国、台湾にも支社を構え、国内広告主の海外進出および海外広告主の日本展開支援も行っております。また、メディア事業としてゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」、eスポーツ事業として、国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」を運営しております。
CyberZ100%子会社としては、バーチャルキャラクターやVRイベント制作、VRシステム開発などの事業を手掛ける「株式会社CyberV」、オンラインエンタテインメント事業、プロダクション事業をおこなう「株式会社eStream」、eスポーツに特化した広告マーケティング事業「株式会社CyberE」の事業展開をしております。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加