ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2020.4.16

オトナルとJ-WAVE、ポッドキャスト番組でのデジタル音声広告の販売を開始

オトナル
株式会社オトナル(本社:東京都中央区/代表取締役 八木太亮、以下オトナル)と株式会社J-WAVE(本社:東京都港区/代表取締役社長:中岡壮生、以下J-WAVE)は、4月16日より、ポッドキャスト番組でのデジタル音声広告の販売を開始いたします。


広告主は、オトナル経由でJ-WAVEがポッドキャストに配信している各ポッドキャスト番組の広告枠をデジタル音声広告として予算に合わせて購入ができるようになります。

音声コンテンツ内の広告枠に対して、オトナルの広告システム経由で、買い付けを行うことで、予算上限に合わせ音声広告を自動的に配信することができるため、買い手である広告主は希望の予算やタイミングに合わせた広告枠購入が可能となります。

■マルチプラットフォームで配信されるポッドキャスト番組に音声広告(デジタルオーディオアド)を配信。
ポッドキャスト番組の配信先としては、iPhone標準搭載の「Apple Podcasts」、Androidで使用可能な「Googleポッドキャスト」のほか、ポッドキャストを聴取できる「Spotify」、「Castbox」をはじめとした各種ポッドキャストアプリ、J-WAVEの展開するデジタル音声配信サービス「SPINEAR」など複数の音声聴取チャネルで聴取が可能です。
また、ポッドキャスト番組がスマートスピーカー「Google Home」、「Amazon Echo」で再生された場合にも広告が挿入されます。

■音声コンテンツの再生数に応じた課金プランで、予算に合わせた広告出稿が可能。
広告出稿は、広告システム経由で音声コンテンツの再生数(ダウンロード数)に応じた広告配信を行うことができます。そのため広告の買い手である広告主側は、自社の予算や希望のタイミングに合わせた柔軟な広告出稿が可能になります。

■日時や曜日、エリア、デバイスなど配信ユーザーのターゲティングが可能。
また広告の配信にあたっては、配信日時や曜日といった日時ターゲティング、県単位でのエリアターゲティング、特定のデバイスだけに配信するデバイスターゲティングといったデジタル音声広告ならではの配信条件による広告出稿が可能です。これにより広告主は、商材や広告キャンペーンに合わせ、最適な音声広告の出稿を行うことが出来ます。

■ポッドキャストオーディオアド対象番組について
広告配信可能番組の第一弾として、J-WAVEが配信を行っている『INNOVATION WORLD ERA』のポッドキャスト番組の広告枠を販売します。
広告配信可能なポッドキャスト番組は今後さらに増加予定です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加