ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2020.4.17

SOPHOLA、AdScaleのECサイト向け新プラットフォームβ版の国内提供開始

長野市で海外の最先端マーケティングテクノロジーを活用したコンサルティング・アウトソーシングサービスを提供するSOPHOLA株式会社(本社:長野県長野市、代表取締役:飯野 正紀、以下「SOPHOLA」)とAdScale BV(本社:オランダ、アイントホーフェン、CEO:ディーデリック・クラッセン、以下「AdScale社」)は、本日4月17日にAdScale社の独自AI技術によるECサイト向け全自動化マーケティングプラットフォーム「AdScale E-Commerce(アドスケール・イーコマース)」の日本国内において初のβ版サービス提供を開始致しました。

※AdScale AIについては、サービス開発パートナー企業である株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役:桑畑 治彦、以下「アドフレックス社」)に引き続き独占的にサービス提供を行います。

 

​長野市で海外の最先端マーケティングテクノロジーを活用したコンサルティング・アウトソーシングサービスを提供するSOPHOLA株式会社(本社:長野県長野市、代表取締役:飯野 正紀、以下「SOPHOLA」)とAdScale BV(本社:オランダ、アイントホーフェン、CEO:ディーデリック・クラッセン、以下「AdScale社」)は、本日4月17日にAdScale社の独自AI技術によるECサイト向け全自動化マーケティングプラットフォーム「AdScale E-Commerce(アドスケール・イーコマース)」の日本国内において初のβ版サービス提供を開始致しました。
※AdScale AIについては、サービス開発パートナー企業である株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役:桑畑 治彦、以下「アドフレックス社」)に引き続き独占的にサービス提供を行います。)

AdScale E-Commerceは「Be Your Own Agency(代理店機能を自社の手に戻す)」をスローガンに開発された、独自AI技術によるECサイト向け全自動化マーケティングプラットフォームです。本プラットフォームを利用することで、広告の基礎情報(キーワード、インタレスト、広告文など)を用意するだけで、在庫に連動して自動で各広告配信プラットフォームに連携して、簡単に広告出稿が可能となります。

AdScale E-Commerceが対応するプラットフォームや広告出稿までの流れは以下になります。
■対応するプラットフォーム
対応広告配信プラットフォーム:Google広告(検索/ディスプレイ/ショッピング)、Facebook/Instagram広告
対応ECプラットフォーム:Shopify、Magento

■広告出稿までの流れ
ステップ0: アカウント診断(すでに広告を出稿している場合、現在のパフォーマンス評価や伸びしろ予測ができます。)
ステップ1:広告配信プラットフォームの指定
ステップ2:広告基礎情報(キーワード、インタレスト、広告文など)、予算、KPI(CPA/ROASなど)を入力
※スマートAI機能を使えば、目標設定せずに、指定された予算内で最適なCPA/ROASで広告運用可能。
ステップ3:広告出稿開始

また、AdScale E-Commerceには他のプラットフォームにはない、下記の独自の機能を有しています。

■AdScale E-Commerce独自機能
①自動キャンペーン作成
Google、Facebook/Instagramなどの各種広告プラットフォーム上で何時間もかけて手動で作成したキャンペーンが、広告基礎情報、予算、KPIなどを入力したら自動で簡単に作成できます。

AdScale_E-Commerce1AdScale_E-Commerce1

②商品データと広告の自動連携
ECプラットフォーム上の商品データと広告プラットフォームの広告と自動連携することにより、更新された商品データが自動的に広告に反映されるようになります。

AdScale_E-Commerce2AdScale_E-Commerce2

③独自のAI技術による最適化
AdScale AIに搭載されている各種最適化機能である「予算配分最適化」、「入札最適化」、「ターゲティング最適化」、「品質スコア最適化」などが利用でき、人手をかけずに広告出稿後も全て自動最適化することができます。

AdScale_E-Commerce3AdScale_E-Commerce3

④プラットフォームを横断したダッシュボード

シングルダッシュボードで対象の広告プラットフォームの成果を一元管理でき、重要な広告指標やKPIで簡単にブレイクダウンすることができます。

AdScale_E-Commerce4AdScale_E-Commerce4

AdScale社共同創業者兼CEO、ディーデリック・クラッセンは、次のように述べています。
「ECサイトオーナーからデジタル広告の改善をしたいというニーズと共に、時間や知識が無く改善できないというお話をよく伺いました。AdScale E-Commerceは広告の設定から最適化まで完全自動化することでこの課題を解決することができる世界初のツールとなると考えています。

日本市場ではβ版リリースという形になりますが、SOPHOLA社と共に日本のECサイトオーナーの皆さまに広くご利用いただけるように支援していきます。」

SOPHOLA代表取締役の飯野正紀は、次のように述べています。
「日本国内では広告代理店様によるデジタル広告出稿や最適化を行なっていますが、海外の多くのマーケットでは不透明なマージンシステムに対する不信感や自社でノウハウを蓄積したいというニーズがあり、デジタル広告運用においてインハウス化が進んでいます。

そういった課題やニーズに対応するため、ECサイト向けにAdScale E-Commerceというプラットフォームが開発され、日本でもβ版を提供できることを嬉しく思います。日本でもスウェーデン生まれのファッションブランドKasper Maison(カスパーメゾン)様や時計ブランドのKnut Gadd(クヌートガッド)様でもβ版サービスのご利用を始めていただきました。ぜひ日本のECサイトオーナー様もご興味があれば、お問い合わせいただければ幸いです。」

※2020年4月22日にPTMIND社と共同開催する「ECにおけるAI・デジタル体験向上ソリューション紹介セミナー(オンラインセミナー)」でAdScale社共同創業者Mati Ramに詳しく本サービスをご説明いただきます。ぜひご興味あれば、ご参加ください。
リンク先:https://www.ptengine.jp/events/webinar_20200422


  • このエントリーをはてなブックマークに追加